2020/04/25

カンチガイの始まり、テーマ「ナルシズム」

 

この記事を書いている人 - WRITER -

僕は作家になる決断をした時、
10冊目までは自身の過去を書こうと決めていた。

それは自分が何者かを説明する必要があったこと、
そして、自分の”腕”の問題があった。

あなたに伝えたいことは山ほどあったが、
それを伝える腕(文章力)がまだなかった。

そこで6冊目〜10冊目を通して、
”本の書き方”というものをゼロから学んだ。

まさに2019年は修練の年であったと言っていい。

この一年間で自分の型を作り上げた。

ようやく今年・2020年から、
自分のメッセージを伝えていく次第だ。

さて、今日からまたテーマを決めて書いていこうと思う。

今日から書くテーマは、
『あなたの中のナルシズム』

僕は過去の書籍でも、
「開き直る」「素直な自分を出す」
という話をしてきた。

他人の目を気にして生きることは、
他人の人生を生きることになるからだ。

自分に素直になり、自分の人生を生きる。

それはすなわち、
「あなたはどういう人間なのか?」
それを周囲に示すことを意味する。

あなたは本当の自分を周囲に表現しているだろうか?

あなたに対する周囲のイメージは、
あなたが考える自分像と一致しているだろうか?

ありのままの自分でいるのは難しい。

素直になれと言われても簡単にはできない。

だけど、そもそも素直になる以前に、
「自分がどういう人間か」
あなたは知っているだろうか?

あなたは自分が何者かを理解しているだろうか?

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.