ポジティブはネガティブから始まる

 

この記事を書いている人 - WRITER -

あくまで自分の経験則でしかないけれど、
不思議なもので、自分にとってポジティブな決断をすると、
まずはネガティブな出来事が起こる。

「よし、今日から人生を変えよう」

そう決意して昨日と違う行動・言動を発し始めた途端、
不快な出来事が次から次へと自分の前にやってくる。

まるで運命が自分に試練を与えているように・・

それは、ある種の”交換条件”なのだろうか?

これまでとは違う運命を歩むにあたって、
それと引き換えに差し出さなければいけない「犠牲」なのかも。

”おやおや、そんな簡単に運命を変えられると思ってるのか?”

まるで運命が、そう囁いているようだ。

 

 

ただ、この不思議な現象について一つ思い当たることはある。

自分以外の存在を「環境」と仮定する。

自分を取り巻く家庭や近所や職場など、
そこに存在する全ての人間を環境とする。

これまでの自分は、とくに意識することもなく、
その与えられた環境に適応して生きていた。

家庭ならば、
家族の起床時間に合わせて自分も起床したり、
家族の味の好みや趣向に自分も合わせたり。

近所ならば、
近所のルールやその街の慣習に生活を合わせたり、
影響力のある人物や要注意人物の動向に自分の行動を合わせたり。

職場ならば、
職場の規律や業務のやり方に合わせて自分も仕事をしたり、
上司や同僚などの仲間の考え方に自分の考え方を合わせたり。

与えられた環境の中で問題なく生活ができるように、
自分自身を適応させてこれまでの日々を過ごしていた。

いわば、これまでは環境と自分は「同化」していたわけだ。

環境と自分が同化している時は、
何か例外的な出来事が起きない限りは何もない。

しかし、
「今日から人生を変えよう」
そう決意して自分の言動や行動を変えると、
その環境の中に突然”不協和音”が生ずる。

昨日まで調律がよく整っていた楽隊の一部から、
突如として聞き慣れない音が周囲に鳴り響くのだ。

すると昨日まで環境の一部と化していた自分は、
今日から環境側にとっての”違和感”と化してしまう。

それは環境側にとって、まったく薄気味の悪い存在なのだ。

だから環境側は自分に対してこう言う。

「はぁ? 何言ってんの? どうしたの?」

突如として変わってしまった自分の存在に、環境側は戸惑いを隠せなくなる。

だから少しトゲのある言葉を投げつけたり、
あからさまに見下すような微笑みをわざと向けたりしてくる。

そうやって違和感と化した自分に対して攻撃を仕掛けてくる。

その攻撃は、環境のあらゆる所から飛んでくるため、
自分はその環境の中でハチの巣状態にされてしまう。

その状態が、
”不快な出来事が次から次へとやってくる”
というネガティブの応酬を招いているのだろう。

だから自分にとってポジティブな決断をすると、
まずはネガティブな出来事が起こるのではないだろうか。

 

 

運命は自分にきっかけを与えてくれるけど、タダではくれないらしい。

多大な犠牲と引き換えに新たな運命を用意する、それが、自分の人生を変えるための交換条件なのだろうか。

ただそれならば、人生を変えることは、そんなに難しいことではない。

 

だって犠牲を受け入れる勇気があればそれでいいってことだから・・

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.