2020/08/03

人生の支配者は自分

 

この記事を書いている人 - WRITER -

テーマ;「命は尊いのか?」

自分が死んだら親や兄弟、
そして奥さんや子供がみんな悲しむ。

だから命は自分だけのものではない。

だけど、人生はどうだろう?

家族で仲良く過ごしていたって、
電車に乗れば自分はもう一人。

会社には家族はいない。

家族は一緒に仕事をしてくれないし、
何かミスしても一緒に謝ってはくれない。

「責任をとれ!」

そう上司から宣告された時、
会社をクビになるのは自分一人だ。

一歩社会に出れば、人間は一人。

誰も助けてはくれない。

責任はすべて自分一人に降りかかる。

だから命は自分だけのものではないけど、
「人生」は自分だけのものだ。

他の誰のものでもない。

自分の人生の支配者は自分だけ。

だからこそ自分が送る人生に
他人から口を出される筋合いはない。

「コレをやりなさい!」

それがたとえ肉親の言葉であっても、
自分が気乗りしないならやる必要はない。

自分の人生に口を出せるのは自分だけだからだ。

親がアレコレ言うのは
まだ判断能力のない子供だから。

大人にはそんなの不要。

もちろん身内だけじゃなく、
会社の先輩でも友達であっても同様。

自分の行く道は、自分で決断をするべきだ。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.