2020/07/19

内容変更:「死んじゃダメだ」

 

この記事を書いている人 - WRITER -

「運命とは?」
というテーマについて書いてる最中だけど、
今日はどうしてもこのメッセージを送りたい。

僕は常々意識している。

”断定はするけど命令はしない”

いつも偉そうに語っているし、
何の根拠もなく自分の考えだけで勝手なことばかり書いている。

だけど、あなたに命令することだけは
絶対にしないようにしようと決めている。

自分の行動を決められるのは自分だけだ。

他人に”行動まで”とやかく言われる筋合いはない。

・・けれど、今日だけは言いたい。

 

『自殺だけは絶対にしちゃダメだ』

 

どれだけこの時代がクソであっても、
良い事なんて何一つなかったとしても、
それでも、決して生きることを諦めてはダメだ。

命を粗末にしてはダメだから?

・・いいや、そんなのは関係ない。

自殺をするとカルマを背負うから?

・・いいや、そんな事はどうでもいい。

 

自殺をしてしまうと、単純に「もったいない」からだ。

 

これまで何度も何度も言ってきた。

僕たちの本質は「魂(自分自身)」だ。

その魂が、
ここでしかできない体験をするために、
輪廻転生の過程でこの物質世界を訪れている。

「魂の学び」をするために。

そう、生まれる前まではそのことを知っている。

けれども赤子としてこの世に誕生した瞬間、
それまでの記憶や、前世の記憶などは一切合切消されてしまう。

なぜならそうしないと、
誰もが真剣に生きようとしないからだ。

”どうせまたリセットされるんでしょ?”
なんて気持ちで生きていたら何にもならない。

だからこそ僕たちは、何の自覚もなく今日一日を生きている。

 

・・そう、生まれる前には誰もが分かっていたのだ。

『この時代にこの世界を訪れた意味』が・・

 

不思議な話だけど、僕たちは、
自ら望んでこの時代に生まれてきたらしい。

もちろんそれを証明する根拠は何一つない。

だからこの話を無理に信じる必要は別にないと思う。

ただ、そう考えて生きていれば、
このクソな時代にも何かしらの意味を見出すことができる。

少なくとも僕はそうだ。

最後まで現実逃避をすることなく、
嫌なことも、悪いことも、
すべてを受け入れて生きていこう・・

僕は今、そう考えてこの時代を生きている。

 

 

僕たちはいつか”必ず”死ぬ。

どのみち僕たちは死ぬ運命にあるのだ。

死んだらこの悪夢は全て消えてしまう。

だからどれだけ辛くても、苦しくても、最後まで生きていよう。

 

そこにはきっと、僕たちが望んだ「何か」が待っているはずだから・・

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.