売れっ子を確信

 

この記事を書いている人 - WRITER -

結局、僕はナルシストらしい。

”自分大好き人間”を公表したのをきっかけに、
ナルシストの特徴についてちょっと調べてみた。

・自分の話しかしない
・人に否定されるのを極度に嫌う
・人の意見を聞き入れない
・完璧主義者
・理想と現実のギャップによく落ち込む
・他人の中傷にひどく傷つきやすい
・根拠も無く自信満々
・VIP待遇に弱い

・・いや、全部あてはまってるし。

作家になりたかったのも、
要は自分の話がしたいからだ。

本の原稿の校正を外注に出してはいるが、
基本的に修正を指摘された部分は無視する。

「うるせえよ」って感じ。

まだ売れっ子でも何でもないのに
”売れっ子Kindle作家”などと大風呂敷を広げている。

もう既に売れっ子になるつもりでいる。

その根拠は・・特にない。

 

最初はにっちもさっちもいかなかったけど、
やはり継続は力なりということらしい。

これまでは、電子書籍作家として
自分が読者に何を提供できるのかと手探り状態だった。

メッセージはあった。

だけど、それをどのような形で本にすべきか、
その”具現化の最適ジャンル”がわからなかったのだ。

だから自己啓発的な本を書いたり、
お話を書いてみたり、エッセイを書いてみたり・・
色々なジャンルの本を書いてきた。

自分にしか書けない本とは?
自分だからこそ書ける本とは?

だけど最近、ようやく自分の書くべきことがわかった。

作家としての立ち位置がやっとハッキリしたのだ。

そしてそれは、作家を志した当初にあった、
「人に影響を与えたい」という思いを形にしたものだった。

 

という訳で、ここに売れっ子Kindle作家を確信するに至った。

2020年、見せていきます。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.