2019/08/28

大矢慎吾は卑怯者

 

この記事を書いている人 - WRITER -

僕は元々起業家です。

「起業しています」
と言った時、相手の反応は
決まってあまりよくないものです。

おそらく・・
起業=お金好き,強欲,がめつい
という連想をするからなのだと思います。

たしかにお金は嫌いじゃないし、
自分の欲望には正直です。

”他人の言いなりにはなりたくない!”
”自分の力で人生を変えたい!”

自分の欲望を叶えようとした結果が
起業という道になったわけですから。

起業家として学んだことは、
『結果を出せない会社は存在自体が悪だ』
ということです。

どれだけ素晴らしいビジョンをもち、
どれだけ社会に貢献したいと思っていても、
売上をあげられないような会社は
そもそも存在しているだけで悪なのです。

なぜならその会社が存在することで
多くの人たちを不幸にするからです。

従業員、得意先、融資してくれた銀行マンetc…

そしてそこには「お客様」も含まれます。

会社の商品・サービスに
期待をしてくれている人たちです。

会社が潰れてしまっては、
お客様の期待を裏切ることになります

”いつも通っていた近所の美容院が潰れた”
そのように想像するとわかりやすいです。

ようするに・・

<結果が出せなければやりたいことすら出来ない>

まずは結果がありきなのだ、
ということを学びました。

 

僕は人一倍、結果に敏感です。

いま出版しているKindle本も、
まだ全然、人に知られていません。

少しでも何かの役に立てれば・・
などと偉そうに言っていたところで、
そもそも人に知られなければ
意味がありません。

ですので、あなたに率直に申し上げます。

『ぜひ、読まれたKindle本にレビューを書いて下さい」

Amazonでは、レビューの有無が
検索結果に大いに影響を与えます。

僕は個人出版ですので、広告を出すことも、
大々的なキャンペーンを打つことも出来ません。

つまりレビュー(読者の反響)が
人に知ってもらう唯一の方法になります。

どうか、あなたの力を貸して下さい。

もちろん良いレビューを書いてもらう必要はありません

読まれたあなたの素直な感想を
レビューに書いてもらえると嬉しいです。

レビューが入っていること自体が
とても重要になりますので。

=======================
Kindle本を最後のページまでスクロールすれば
レビューを書く画面が表示されますので、
送信いただければレビューが投稿できます。
(名前にアカウント名がそのまま登録されることはありません)
=======================

これを書くのはとても勇気が必要ですが、
上っ面なことばかり言っている場合ではありませんので。

悪い反応が返ってくれば、それも、
自分の活動に対する結果だと受け止めます。

 

あなたの書いた1つのレビューが、
僕のKindle本を知らせることになります。

もちろんその相手は、本当に苦しんでいる人たちです。

どうか、ご協力をいただけると嬉しいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2019 All Rights Reserved.