2020/08/03

好きだからこそ

 

この記事を書いている人 - WRITER -

不幸な出来事その4「失恋」

過去に二度、中学3年と19歳でフラれる経験をした。

後日、付き合っていた相手から
「あなたは厳しい」と言われたけど、
僕自身は相手に対して”しんどい思い”をしたことがなかった。

自分は相手に対して求めていたくせに、
相手の求めに応じた事は一度もなかったからだ。

例えば、19の時の彼女からは、
「親と会ってほしい」と言われた。

そこに深い意味はまったくなかった。

単に家族と仲良くしてほしいという意味だったのだろう。

だけど僕はその彼女の要望を、
「かったるい」と拒否していた。

遊んだ日はいつもバイクで家まで送っていくのに、
挨拶すらすることも無くそのまま帰った。

そうしているうちに、
彼女のお母さんの方から会いたいという打診がきた。

まったく乗り気ではなかったけど、
相手からのお誘いを断るのはさすがに申し訳ない。

そして彼女と彼女のお母さん、
あと彼女の姉カップルと五人で食事会に行った。

が、会って話をしたのはその一回きりだった。

また彼女は職場の人たちとも仲が良く、
何度か食事に同席しないかと誘われたこともあった。

だけどその度に僕は、
「なんでオレが行かなきゃいけないんだよ」
と彼女に冷たい返答を繰り返していた。

中3の時の彼女もそうだった。

彼女はいつもデートをしたがっていたけど、
ニオイの悩みを抱えていた僕は頑なに拒否していた。

会うのはいつも僕の部屋ばかり。

彼女はカップルらしい事をしたがっていた。

人前で手を繋いで歩きたがっていた。

だけど僕は、そんな彼女の要望に
何一つとして応えていなかったのだ。

人は自分の都合の良いように物事を考えるらしい。

とくに好きな相手には、
自分の理想を求めやすいのかもしれない。

”好きだったら許してほしい”

普段なら言えないようなワガママも、
好きな相手なら言いやすいのかもしれない。

だから自分の欲望が素直に口から出てしまう。

それがいつの間にか暴走してしまうと、
何をしても許されると勘違いしてしまう。

だけどそんなはずはない。

むしろ好きな相手だからこそ、
より相手のことを考えてあげるべきなのだと僕は思った。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2019 All Rights Reserved.