妻の隠し事

 

この記事を書いている人 - WRITER -

前回のブログに書いたように、
僕は妻に裏切られました。

めちゃくちゃムカついたし、
絶対に許せないと思いました。

けれど・・それでも、
僕はこの出来事と向き合っていきます。

今日からこのことについて書いていこうと思います。

 

妻は僕と結婚する前から、
僕に隠し事をしていました。

『借金』です。

学生時代からクレジットカードを使っていて、
数年でその利用額は大きく膨らんでいました。

「リボ払いが少し残ってるの」

そんな話ならわざわざ僕に話す必要はありません。

妻の返済額はとても数ヶ月で返せるわけもない、
”かなりの金額”だったのです。

夫婦の今後の生活に影響を与えるので、
僕には絶対に話す必要がありました。

けれど妻は、

借金のことを知られたら離婚される

という恐怖心からしばらく隠し通そうとしていました。

 

結婚して数ヶ月経った頃、
お義母さんから連絡がありました。

「話があります」

それまでお義母さんは何度も僕に
借金のことを話そうとしたみたいです。

でもその度に妻に「止めて」と懇願され、
結果としてその日までズルズルときていました。

しかし妻の返済が何度も遅れたため
お義母さんもシビレを切らし、
「僕に事実を話す」と妻に宣告したようです。

 

妻に借金があることを知っても
僕はたいして気にしませんでした。

お金の問題ならばお金で解決できます。

当時は会社を経営していましたし、
なんとかなるだろうと思ったのです。

それよりも、
妻が隠し事をしていたことが僕には心配でした。

妻がそんなことをする人間だなんて
思ってもいませんでした。

この時、まだ結婚して1年も経っていなかったので、
これからの妻との生活に少し不安を感じたのです。

それでも、「誰にでも隠し事の一つや二つはある」
と自分を納得させ、心を整理しました。

 

・・しかし 、これは単なる始まりに過ぎませんでした。

この問題は何度も僕に「裏切り」を経験させました。

ちょっと長くなってきたので、
また次回に書きますね。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2019 All Rights Reserved.