2020/09/08

嫌われようが関係ない

 

この記事を書いている人 - WRITER -

つい三日ほど前に、報道番組を観ながらあーだこーだと解説をいれていたら、
妻から「慎吾君って年々、面倒臭くなってきたよね」と苦笑いで言われた。

数年前にも一度言われたが、近頃は特にそうらしい。

ただまあ、それも、仕方がないなと思った。

ウィルスが蔓延してからメディアはそればかりで、
他に起こっている出来事がほとんど報道されていない。

海外の情報なんかは自分から積極的に探さないと得られない。

すべてを知る必要はもちろんないけれど、
ひとまず知っておいた方がいいと思う出来事は多々ある。

それらを妻にシェアするためにも、多少やかましくなるのは仕方がないことなのだ。

 

 

僕は心に決めている。

たとえ自分が誰一人の運命すら変えられなかったとしても、
自分の家族の運命だけは絶対に変えてやる、と。

言葉を発し続けることによってそのきっかけを生み出してやる、と。

後悔だけはしたくない。

”あの時にああしとけばよかった・・”
なんて思いは絶対にしたくない。

だから僕は言葉を発し続ける。

何度でも、何度でも。

うるさいと言われても与え続ける。

最後まで、絶対に、諦めない。

 

真に相手のことを思って発した言葉ならば、いつか必ず、相手の心に届くと僕は信じている。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.