2020/08/03

強烈な体験

 

この記事を書いている人 - WRITER -

小さい頃から腕っ節が強かった。

そのせいでたくさんの人を傷つけてきたし、
たくさんの友達を泣かしてきた。

書籍にも書いたが、
男の子には恥をかかせ、
女の子には暴力を振るった。

指を喰いちぎろうとしたり・・

僕には中間が無い。

だから、相手に攻撃をする時は
とことん相手を痛めつける。

可哀想だなんて思わない。

僕と出会ったことを後悔させるくらい、
徹底的に、相手を痛めつける。

ただし、そうなることは滅多にない。

僕は怒るのが苦手だし、自分の気持ちを
上手く言葉にすることができないから。

だからこそ、怒ってしまうと、
理性がどこかに吹き飛んでしまうだけ。

当然、そんな”発作”みたいなものを
もっている奴には誰も近寄りたがらない。

そうして、僕は早い段階で、
たくさんの友達を失うという経験をした。

力だけで相手を従わせることはできない。

力では相手と分かり合うことはできない。

この体験は僕に様々なことを教えてくれたが、
ふと、こんな風に思ったりもする。

「もしも、中途半端に相手を傷つけていたら、
ここまであからさまに嫌われることが出来ただろうか?」

そう、例えば、
相手に悪いなと思って
軽く嫌がらせをする、とか。

強く殴るとケガをしてしまうから、
加減して相手を殴る、とか。

そんな中途半端な攻撃で、
友達みんなから嫌われることが出来ただろうか?

束になった友達の「憎しみ」を受けることが出来ただろうか?

僕には中間が無い。

やるか、やらないか、二つに一つだ。

しかしそのおかげで、早い段階から、
力や暴力についての強烈な体験を得た。

それが良かったのかどうかはわからない。

だけど、ブレーキを外したことで、
中途半端では決して得られない経験が出来た。

そのことは、事実だ。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2019 All Rights Reserved.