2020/10/04

承認欲求と適度に付き合う

 

この記事を書いている人 - WRITER -

テーマ:承認欲求について

 

今日まで承認欲求をテーマに話してきた。

承認欲求は自然と湧いてくるもの。

決してなくなることはない。

だから失くそうとするのではなく、
適度に付き合っていけばいい。

過剰に意識すると人の反応に依存してしまうし、
抑え込んでばかりいるといつか爆発する。

だからたまに人の目を意識した行動を取ればいい。

それが、自分の素直な気持ちなのだから。

”人に認められたいと思っていい”

そう思ってからは、とても気持ちが楽になった。

まるで憑き物が落ちたみたいに心が軽くなった。

どうにもできないことがわかると、
もう承認欲求の存在を気にかけなくなっていった。

すると人に認められたいという感情も、
気づかないうちにどんどん小さくなっていった。

そしていつしか、承認欲求はもう
自分の悩みのタネではなくなっていたのだった。

きっと平常に戻ったのだと思う。

自分の中で承認欲求へのこだわりがなくなっていき、
他の欲求と並列な位置づけになったのだろう。

なくなりはしてないけど、
別に大きくないという感じだ。

その状態が今日までずっと続いている。

「承認欲求とは適度に付き合っていこう」

これが僕が向き合った末の結論だった。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.