2020/10/19

新テーマ「運命とは?」

 

この記事を書いている人 - WRITER -

”所詮僕たちは運命に従って各々の人生を生きている”

”だから人生を変えるなんて土台無理な話なのだ”

あなたはこの考え方についてどう思いますか?

運命という概念を知らない人はいないけど、
それがどういうものなのかと説明しだすと、
人によってその捉え方が全然違うことがわかる。

「運命など無い」という人もいるし、
「運命に逆らってはダメ」という人もいる。

この考え方の違いは、
「運命を良いものと捉えているか、悪いものと捉えているか?」
による違いなのだと思う。

悪いものだと捉えている人は、
「運命なんかに縛られたくない!」
という気持ちがあるのだろう。

対して良いものだと捉えている人は、
「運命は神様からの有り難いお導き」
という気持ちがあるのだと思う。

どちらも”自分の人生を良きものしたい”という点では共通している感じがする。

 

 

僕自身はこう思っている。

『僕たちは運命に従って生きているけれど、
運命は自分の意思で変えることができる』

冒頭の話でいえば、
上段の考え方とは同じだけど、
下段とは真逆の考え方になる。

よく「運命は変えられないものだ」という人がいるけど、
個人的に、その考え方は半分合っていて半分間違っていると思っている。

・・そう、僕はこう言い切れる。

 

『運命は”絶対に”変えられるものだ』

 

たしかに僕たちは運命に従って生きている。

けれどもその運命は自分次第で如何様にも変えられる。

なぜなら、「運命は一本道ではない」からだ。

 

明日から詳しく書いていこうと思う。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.