2019/08/05

求めているのは普通のこと

 

この記事を書いている人 - WRITER -

最近、若者のなりたい職業第2位に、

”youtuber(ユーチューバー)”

がランクインしたそうです。

youtubeに動画を投稿して
その広告収入で生活している人たちです。

細かくいうと、

”インフルエンサー”

という、インスタグラムに画像をアップして
その広告収入で生活している人も含まれるそうです。

これらの人たちは、自分を世間に発信して、
大きく目立つ派手な人たちですよね。

だから、

「自分も有名になりたい」
「自由にお金を稼ぎたい」
「好きなことをしてお金を稼ぎたい」

このような憧れの対象として、
自分もそうなりたい!
と思われるのかもしれません。

 

有名になりたいとか、
自由にお金を稼ぎたいとか、
僕もそういう気持ちがないわけじゃないです。

けれど、そんなことを言う人は、

「たぶん自分にコンプレックスがないんだろうなー」

なんて思います。

だって自分から人前に出ようとか、
人目にさらされようなんて、
よっぽど自分に自信ある感じですよね。

ニオイに悩んでいる人間からしたら
そんなの考えられないです。

 

そんな大層なことを望んでるわけじゃない。

なにも人より有名になりたいとか、
自由に稼ぎたいとか、
そんな欲張りを言ってるんじゃないんだ。

人よりカッコよくなりたい
人よりかわいくなりたい

そんなおっきな話じゃなくて、
ただ、普通の人と同じようになりたいだけ。


普通に人と話ができるようになりたいだけ。

普通に人と会話して笑いたいだけ。

普通に人に近づきたいだけ。

普通に人と触れ合いたいだけ。


普通に他人と
最低限度のコミュニケーションをとりたいだけ。

 

ただ、それだけなんだよ。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2018 All Rights Reserved.