2019/08/28

辛いことに慣れる方が楽

 

この記事を書いている人 - WRITER -

最近また会社員に戻ったので
毎日、社会の風当たりを感じています。

僕は3年周期くらいで
ずっと新しいことにチャレンジしていて、
今回も初めてやる仕事を選択しました。

わざわざやったことのない仕事を
選んだわけじゃないのですが、
本を書き続けられる勤務形態などを考え
条件重視で仕事を探した結果、
たまたま未経験の仕事になった感じです。

またチャレンジが一個増えました。

 

それなりの年齢で転職をすると、
年下の先輩・上司がバンバンいます。

中途採用は即戦力扱いとなりますが、
それが未経験の業界だった場合は、
またゼロから先輩に教えてもらわなきゃ
いけないわけです。

これがなかなか辛い・・

相手は僕よりかなり年下の人です。

教える側からしても、

(コイツ、この年齢でこんなことも知らないのかよ・・)

と思うのは当然なわけで・・。

最初は丁寧に指導してくれますが、
だんだん教える方もイライラしてくる。

そうして僕を見る視線はいつからか
厳しいものへと変わってきています・・。

 

ほんと、自分はなぜか厳しい方へ、
辛い方へと流れていく気がします。

そういう性分なのかも。

むしろ心の底ではそれを望んでいる気もします。

だってここ数年のなかで、
いまが一番「生きてる!」って感じがする。

 

厳しくて辛い状況になった時には
そこから逃げることもできます。

もちろんそれも必要で
別に逃げたっていいんです。

自分次第ですから。

けれどそこで逆に、

「どんどんこい!」

って感じで立ち向かっていくと、
不思議なことに少しずつ楽になってきます。

辛さに慣れるのかもしれない。

もしくはその辛いことを乗り越えるための
「精神力」が勝手に身についていくのかも。

その正体はわかりませんが、
とにかく僕はそんな状況で
ずっと生きてきているので、
辛い環境の方がある意味楽なんです。

ぬるま湯にずっと浸かっていると、

「命がもったいない!!」

とかいって自己嫌悪になってきますから。

 

辛いことがあった時は、むしろ、

「はいはい、どんどん来いよ!」

って立ち向かっていくのも一つです。

そうすると逆に楽になっていくし、
”達成感”というおまけもついてきます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2018 All Rights Reserved.