「 2:啓発 」 一覧

no image

死ぬまで学び続ける

  2020/05/17 

人は変わる。 時とともに自分の考え方や生き方を 変えていくのが人間という生き物なのだそうだ。 どこかの偉い学者さんが言っていた。 ”この宇宙に変化しないものなど何一つとして存在 …

no image

人間、最後は無に帰る

  2020/05/16 

信念のない人間はその生き様に覇気がない。 こだわりのない人間はなんだかいい加減に見えてしまう。 自分なりの考え方をもつことで、 僕たちは自分の歩みたい道を進むことができる。 そ …

no image

いい加減さこそが人間らしさ

  2020/05/15 

数年前までの自分は「ムダ」が大嫌いだった。 その弊害ともいうべきか、 幼い頃からコレクションというものをしたことがなかった。 ガンダムのプラモデル ドラゴンボールのカードダス …

no image

信念を手放す

  2020/05/14 

いい加減でも別にいい。 ちゃんとしていなくても別にいい。 もしも心からそう思えたのならば、 あなたのもっていた信念は変化を遂げているはず。 もはや信念とは呼べないほど不安定にな …

no image

いい加減でも「別にいい」

  2020/05/13 

世の中には良い事と悪い事がある、と僕たちは思っている。 だけど法律や常識などを抜きにすれば 善悪なんて個人の主観にすぎない。 例えば、 「タバコはガンになるから悪」と誰かが主張 …

no image

「べき」ものではない

  2020/05/12 

感情の前には先入観がある。 自分がもつ先入観に気がついたなら、次は、 「これは自分の思い込みではないだろうか?」 という質問を自分にしてみてほしい。 もしもそこで、 「いや、自 …

no image

感情の前には先入観がある

  2020/05/11 

これはとても重要な話だ。 僕がこの知識を得たのは 心理学や専門知識の本からではなく、 ”スピリチュアル系”の本だった。 「宇宙」とか「魂」について書かれた本の中にこの記述があっ …

no image

自分の感情を観察する

  2020/05/10 

心理学の用語に「メタ認知」というものがある。 これは「自分」という存在と、 その自分を上から見下ろす「メタ」という存在に分け、 メタから自分を客観的に認識することをいう。 メタ …

no image

怒りと嫉妬は嘘のシグナル

  2020/05/09 

自分の信念が誰かに脅かされそうになった時、 僕たちは怒りや嫉妬でそれを守ろうとする。 そしてその信念が嘘から始まったものである場合、 普段の自分からは考えられないほど感情をあら …

no image

怒りと嫉妬の正体

  2020/05/08 

僕たちは自分自身に嘘をつく。 そして何十年とつき続けた嘘は「信念」となり、 それを正しいと信じて疑わなくなる。 そうなると自分でもその嘘に気付くのはかなり難しい。 ・・ただ、多 …

no image

自分のダメな部分を認める

  2020/05/07 

自分と向き合うことは、 自分の本当の気持ちと向き合うことを意味する。 人は他人だけでなく自分にまで嘘をつく。 傷つかないように 本当の気持ちをごまかそうとする。 だけど・・それ …

no image

感情と向き合う

  2020/05/06 

人は他人だけでなく自分自身にも嘘をつく。 そしてその嘘は、 何十年とつき続けているうちに強い「信念」に変わる。 そうなれば自分でもそれが正しいと信じて疑わなくなる。 最初の”ご …

no image

自分に嘘をつくことはできる

  2020/05/05 

”自分に嘘をつくことはできない” という言葉がある。 他人を欺くことはできても 自分を欺くことはできないという話だ。 これは半分正しいけれど半分間違っている。 人は、自分を欺く …

no image

新テーマ「自分と向き合う」

  2020/05/04 

久しぶりにエッセイを書くことにした。 この話は僕が人生において何よりも大事にしていることであり、 かつ、生きる意味を見出すきっかけとなったことだ。 うまく伝えられるかわからない …

no image

承認欲求と適度に付き合う

  2020/04/03 

テーマ:「承認欲求について」 今日まで承認欲求をテーマに話してきた。 承認欲求は自然と湧いてくるもの。 決してなくなることはない。 だから失くそうとするのではなく、 適度に付き …

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.