「 4:覚醒 」 一覧

no image

お金のために働くのを辞める

  2020/08/26 

今日まで「生活」というテーマで書いてきた。 生きる活動とは生きるという事そのもの。 僕たちにとって重要なのは生きるという「目的」の部分だ。 生活レベルや生活スタイルなど、 生活 …

no image

生活は手段であって目的ではない

  2020/08/25 

”このクソな時代に自分はどう生きるのか?” 生き方は、自分自身で定義するしかない。 生きる活動と書いて生活・・すなわち、   生活とは、生きるということそのものなのだ …

no image

生き方なんて、一つじゃない

  2020/08/24 

「仕事をするのは生活のため」 「生活をするのは生きるため」 「じゃあ、生きるのは何のため・・?」 この疑問から始まった今回のテーマだけど、 朝起きて歯磨きをしている時にふと気が …

no image

社会でなく人に貢献する

  2020/08/23 

”僕たちは、一人一人が社会に貢献する責任を有している” その倫理観は誰もが何となくもっているはずだ。 (日本人であれば) けど、他人からそんなふうに言われると、 なんだか知らな …

no image

社会における一人一人の役割とは?

  2020/08/22 

人にはそれぞれ向き・不向きがある。 だから各々が得意な事をやった方が、 より社会に対して貢献することができるはず。 これは、誰もがうなずける話だと思う。 にも関わらず、現実社会 …

no image

経済の発展とか、興味ないし

  2020/08/21 

唐突だけど、携帯電話って本当に必要なのだろうか? こんなものがあるから、 外出先で会社から電話がかかってきたり、 マナー違反する人間にイラついたりしなきゃいけないのだ。 最近で …

no image

”社会人としての責任”って何なの?

  2020/08/20 

”ただ生きているだけで意味がある” それを真っ向から否定するつもりはない。 たしかにその気持ちをもって生きることは、 与えられた命に感謝を示す良き心構えだとは思う。 とにかくガ …

no image

ただ生きる事に意味はあるのか?

  2020/08/19 

生活、つまり生きる活動とは何なのか? その答えは10人いたら10通りの答えが出てくるだろう。 文明が起こってもう何千年と僕たちは歩んできたのにも関わらず、 未だにハッキリとした …

no image

新テーマ「生活」

  2020/08/18 

ふと疑問に思った。 このクソ暑い炎天下、 どうして自分はネクタイなんか締めているのだろうか? 見た目重視で選んだタイトなスーツも、 汗ばんだ体にまとわりついてうっとうしい。 し …

no image

戦争はある日突然やってくる

  2020/08/16 

今日で連休も最終日。 数日にわたって書いてきた「戦争」についても、 今日の記事をもって締めくくりにしようと思う。 まったくもって重いテーマだった。 この手のテーマは、 書き手の …

no image

戦争と僕たち、日本人の存在意義

  2020/08/15 

戦争とはすなわち「思想の戦い」だと思う。 近世からひたすら戦争を繰り返してきた欧米諸国の戦いも、 主導者たちの闘争心を突き動かしていたのは「啓蒙思想」だ。 ”王室の支配(絶対君 …

no image

戦争は決して無くならない

  2020/08/14 

例えば、あなたの好きなタレントを、 「あんなしょうもない奴のどこがいいんだよ」 などと侮辱されたらどう思うだろうか? 好きな映画を「あんなのクソ映画だ」と言われたら? 好きな音 …

no image

戦争は意図的に起きる

  2020/08/13 

投資家は未来の利益に投資をする。 投資先の「成長可能性」に投資をするわけだ。 いま現在進めている計画が、 将来大きな利益を生み出すであろうと予想される場合、 投資家たちは「我先 …

no image

戦争が起きる要素「ダメ政治」

  2020/08/12 

戦争は一人ではできない。 戦士となって戦う民衆が集まって軍隊となり、 そして軍隊同士がぶつかり合うことで戦争になる。 つまり、民衆が立ち上がらないことには戦争は起きない。 じゃ …

no image

戦争が起きる要素「みんなの敵」

  2020/08/11 

どこの世界にもイヤな奴はいる。 自分勝手で、傲慢で、無慈悲で、 利益を得るためには手段を選ばない奴。 きっと誰もが過去に一度はそのような人物に出会ったことがあるだろう。 会社で …

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.