「 ⇒すべての記事を読む 」 一覧

no image

死の意味

  2020/07/07 

誰かが言った。 「オレたちがこの世界に生まれてきたことに意味などない」 たしか日本のラッパーの歌詞だったような気がする。 自分と同じように感じてる人もいたんだ、 たまたま耳にし …

no image

道を一本に絞る

  2020/07/06 

最近、また例の感染者数が全国的に増えてきた。 再選した都の偉い人は、 「第二波ではありません」 と言ったけど、第二波がどんなきっかけで始まるのかは誰にもわからない。 たしかに現 …

no image

中庸にたどり着く方法

  2020/07/05 

陰と陽を知ることは中庸を知ること、 そして中庸を知ることは幸福の道を知ること。 ここ数日で中庸について話してきた。 中庸や仏教の中道(ちゅうどう)について、 よく「陰と陽の中立 …

no image

中庸とは「悩みからの解放」

  2020/07/04 

過去に出版した身体のニオイの書籍の中で、 僕は『悩みからの解放』という言葉を使った。 ニオイに悩んでいる状態は、 ニオイの悩みに囚われている状態。 その囚われた自分を解放させた …

no image

中庸に至れば幸せになれる

  2020/07/03 

仏教にはこんな教えがある。 ”左右極(さうきょく)を知らねば中道(ちゅうどう)に入れず” 政治でいう左派・右派のように、 物事には左と右の両極な考え方が存在する。 分かりやすく …

no image

目的地は「中庸」

  2020/07/02 

陰と陽の両極にある者同士は分かり合えない。 お互いの考え方、価値観が真逆なため、 仮に話し合ってもひたすら対立を深めてしまうだけだ。 陰にとって陽の意見は間違っているし、 陽に …

no image

相手と分かり合う必要はない

  2020/07/01 

男性と女性は何もかもが違う。 だからこそ夫婦間では様々な対立が起こる。 よくいうように女性がグチを言ってきた時、 男性はそれを解決しようとするけれど、 女性は別にそんなことを求 …

no image

異性とはわかり合えない

  2020/06/30 

自分は結婚して良かったなと思う。 周りには「後悔してる」とこぼす人もいるけど、 場を和ませるために言っている人が多いような印象を受ける。 すごく大変なこともあるし、 マジで腹が …

no image

真逆の人間を求める理由

  2020/06/29 

人生には何度か転機が訪れる。 一つの出来事をきっかけとして、 その後の人生が大きく変わるような場面だ。 例えば何かを決断した時は、その決断が分岐点となり、 自分の歩む道がそれま …

no image

人は真逆の相手を求める

  2020/06/28 

この世に存在するあらゆるものは「陰」と「陽」の一対になっている。 ・太陽と月 ・光と影 ・善と悪 ・火と水 ・黒と白 ・昼と夜 ・男性と女性 僕の処女作、 「僕と口臭の7665 …

no image

新テーマ「陰と陽」

  2020/06/27 

世の中には、ただ知るだけで 人生が変わるような素晴らしい知識がある。 僕たちは幸福になるために生きているはずだ。 だからこそできるだけ不快な気持ちを 感じないようにして毎日を過 …

no image

新しい行動様式

  2020/06/26 

いま僕は朝4時半に起きている。 これまで帰社後に執筆作業していたのを、 朝一に執筆するという行動パターンに変えたからだ。 最初は、 「ずっと続けるのは無理だろうな・・」 と挫折 …

no image

本当にそれが重要なの?

  2020/06/25 

これまで何度も言ってきたように、 「分かる事」と「出来る事」は全然違う。 だから、 ”人が人を愛すれば争いは終わる” ということが分かったところでそれは叶わない。 なぜなら頭で …

no image

愛とは何か?

  2020/06/24 

なぜだかわからないけど書こうと思った。 「愛とは何か?」なんて何だかキザで胡散臭い感じがするけれど、 案外これが、この時代に生きる僕たちの答えなのかもしれない。 つまりこれを真 …

no image

結果、人に貢献する人生となる

  2020/06/23 

何事にも順番があると思う。 ”まずは自分、次に他人” 自分が健康であるからこそ他人を助けられる。 自分が幸せだからこそ他人を幸せにしたいと思う。 自分が満たされているからこそ、 …

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.