あさっては大事な日

 

この記事を書いている人 - WRITER -

今日はいい歯の日だそうです。

いい歯ってどんな歯? じゃあ悪い歯ってどんな歯? 虫歯が悪い歯ってことなら、一度虫歯になった歯はどうなのだろう。侵食された部分を削った歯は果たしていい歯になったと言えるのだろうか? などと、まったく意味のない思考を巡らせてしまう現在のモードです。

もうすぐ海外ドラマを見終わります。たぶん明日で終了する感じ。

未だにこれといった着想は得ていません。なんとなくのイメージは掴めているけれど、「これだ!」と確信を持てる発想を閃くまでには至っていない。もうすぐリサーチは終わるというのにどうなんだろう? ここ数日の行動はすべて無駄に終わってしまうのだろうか? そんな疑念が頭をチラつきます。

しかし、今やっている行動を辞めようという気は起こりません。そう、途中で辞めるという選択肢だけはなぜだか浮かばない。

何が得られるのかも、どうしてそれをしなければいけないのかも分からないのに、いま自分がそれをやるべきだということだけは確信をもてる。説明はできませんが、なぜだかそのことだけは分かります。

あさっては大事な日。一年に一回訪れるある人の誕生日を、今回は特別にお祝いしようと考えています。きっと喜んでくれるはず。

そのためにも早くリサーチを終えないといけません。明日はやることがある。というわけで、取り止めのない内容ですが、今日はこんな感じで。

なるだけ削られないように自分の歯をいつまでも残したいなあ。そのためには歯周ポケットに溜まった歯垢まで落とした方がいいとか。元からある自分の歯を守る。それがいい歯を作る、ってことらしいです。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2021 All Rights Reserved.