2020/08/03

お金に嫉妬

 

この記事を書いている人 - WRITER -

『嫉妬』について・・

いつからだろう?

”お金”というものに対して、
異常な不快感を覚えるようになったのは。

「VIP待遇」
「株式投資」
「タワーマンション」

人がこのような単語を発しただけで
軽蔑した視線を向けてしまう。

「オレの友達が給料40万もらってるんだよ」

ついこの前も、電車で耳にした会話に嫌悪感を感じてしまった。

(けっ、カネカネ言いやがって)

別に、誰かに騙されて莫大な借金を背負った経験はないし、
お金を巡って友達と大ゲンカした経験もない。

憎しみの対象になる要素はないのだが・・

このお金に対する嫉妬心は、
自身の負けず嫌いの性格からくる感情なのか?
お金持ちに対する憧れなのだろうか?

なぜ自分がこんなにもお金に執着してしまうのかがわからなかった。

だけど最近、なんとなくわかってきた。

これはお金持ちに対する嫉妬ではなく、
”お金そのもの”に対する嫉妬なのではないかと・・

お金は人を狂わせる。

お金は人を虜にしてやまない。

お金のためなら、人はどんな困難をも乗り越える。

要するに、お金にはそれだけの魅力があり、
お金にはそれだけの価値があるということだ。

お金は他人に影響を与える力がある・・

僕にはそんなものない。

友達すらいない。

狂わせるほど他人を惹きつけた経験もない。

いつでも人々の話題に登場し、
どんな時も相手に思われているお金って奴が、
僕には羨ましい・・

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2019 All Rights Reserved.