2021/08/23

たった一つの信念があればいい

 

この記事を書いている人 - WRITER -

「信念」について。

信念の強い人、信念をしっかりともっている人は、他人の意見に左右されることなく我が道を貫ける。つまりは自分らしい人生が生きられる、と一般的には目されている。

僕も自分なりの信念をもつことはとても大事だと思っている。信念のない生き方を否定するつもりはないが、他人の意見や環境にすぐ流されてしまう人生は本当にもったいないと思う。なによりも自分がかわいそうではないか、と。まあ、流れのままに生きる自由な人生が幸福なのだ、と主張する人もいるが、そういうタイプは僕とは話が合わないので無視したい。

信念なき人生は正直つまらないと思う。なぜなら、退屈だからだ。

自分が着る洋服も、食べる食事も、勤しむ仕事も、すべてなんでもいいという人(そんな人はいるのだろうか・・)がいたら、僕は友達になれる自信がない。話しても面白くなさそうだからだ。その人物特有のものの見方や価値観など、話を聞く側にとっての興味がまったく湧かない。辛辣な言い方になってしまうが、おそらく話しても得られるものが何も無い気がしてしまう。

やはり人にはそれぞれ好みがあって、どうしてそれが好きなのか、嫌いなのかと、その人物の人となりを知れる方が楽しい。そこにはドラマがあって、ストーリーがある。その人物の形成した価値観に触れると、自分以外の人生を少しだけ体験できたような気持ちになれる。それが人と人とのコミュニケーションにおける醍醐味ではないかと個人的には思っている。それに、何でも大丈夫だと言っている人は、本音を話していないと感じられ、あまり信用できない。

大々的に掲げる必要はないけれど、何か信念をもって生きる方が、日々の生活にスパイスを与えてくれるのではないかと思う。

 

 

ただ同時に、信念には気をつけないといけない、とも思っている。

自分の信念に縛られてしまい、逆に自らを追い込む結果を招く可能性もあるからだ。

例えば、「自分が納得した仕事しかしない」という信念を掲げたとする。

仮にそれで自分が望んだ仕事に就けたとしても、最後までその信念を貫くことは難しいだろう。なぜなら仕事なんて、自分の納得できないことが山ほどあるからだ。

それこそ正義を疑いたくなるような仕事もある。取引先や下請け会社など、誰かを犠牲にして成果を得るような場面だ。

それらすべてに「納得」を求めていたら、きっと望んだ仕事を続けることはできないだろう。むしろどんな仕事に就いたとしても続けることは難しいといえそうだ。

信念というのは、ある意味で自分の生き方に制限をもたらす。

譲らないことが信念であるので、あまりに多くの信念をもっていると、必要以上に制限された生活を強いられてしまう。”ルール”でガチガチに縛られ、非常に狭い視野で人生を生きることになってしまうのだ。

一度「これが信念だ」と決めてしまうと、守らないと気が済まなくなる。あきらかに無理が生じているのに、意固地になって「絶対に曲げるか!」となってしまうのはまずい。信念を守ることが生きることの目的になってしまい、自分で自分を苦しめることになったら元も子もない。それはもはやスパイスを超えた単なる”苦行”だろう。

 

 

僕にはたった一つの信念がある。

『自分の人生のゆく道は自分以外の者には決めさせない』というものだ。

このたった一つだけでも、かなりの軋轢が生まれる。時には人が善意でしてくれた忠告を無視しなければいけない場面もあるからだ。しかもその相手が自分の親となる場合もある。

この信念によってたくさんの人を不愉快にさせてきただろうと思う。信念というのは、得てして人にうっとうしがられるものだ。だから多くの人が口に出さないのだろうと思う。

しかし不愉快にさせた人がいる分、僕は、己の人生において一筋の後悔もない。

だからこれで万事いいじゃないか、と思っている。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2021 All Rights Reserved.