2020/08/03

ニュースを消そう

 

この記事を書いている人 - WRITER -

昨日の夜、全国に緊急事態宣言が発令された。
(5月6日まで)

「各県への移動を規制するため」
という意図があるらしい。

そしてそれに呼応するようにして、
勤務先でも三週間の連休が決まった。

グループ会社全体で休業するらしい。

まったく、これだけの大型連休だっていうのに実家にも帰れない。

連休の恒例行事となっていた親父との麻雀も中止が決定。

5月6日までと言っているけど、
延長する可能性だってある。

つまりこれからほぼ一ヶ月間、
ずっと家で過ごすことになりそうだ。

 

たぶん誰もが似たような状況だと思う。

ちなみにあなたはこの期間をどう過ごしますか?

Amazonプライムでアニメを観まくったり、
Kindleで漫画を読みまくったり、
youtubeで動画をひたすら鑑賞したり・・

今は家でゆっくり過ごすためのあらゆる手段が用意されている。

普段から忙しい日々を送っている人は、
身体を休ませる良い機会になりそうだ。

それに対して僕が口を出せる筋合いはまったくないけど、
ただ一つだけ、あなたに伝えておきたい事がある。

「ニュース番組は消した方がいい」

もうこれ以上、必要な情報はない。

日本全国みんなが家で過ごすように通達されたのだ。

その通りにしていればいい。

解除の日時が変更される可能性もあるけど、
どのみちネットニュースなどで目にすることになるだろう。

どれだけ情報を遮断しても勝手に入ってくる世の中だから。

そう、だからこそ、ニュースを観る時間は意図的に減らした方がいい。

この期間に報道されるニュースは、
きっと僕たちを不快にさせるものばかりだからだ。

これだけネガティブな状態が続いていれば、
一人一人の心には相当な苛立ちが溜まっている。

もう爆発寸前になっている人もいるだろう。

そんなところに、
「休んでもいいけど家からは出るな!」
なんて命令が下されたら、それを破る人が必ず出てくる。

きっと犯罪も増えるだろう。

現在の時点ですでに「虐待」や、
「いき過ぎた夫婦喧嘩」などの事件が報道されている。

詐欺事件の報道も多い。

連休中にテレビを点けたら、
もう連日こんな報道ばかりが流れてくるだろう。

そんな「怒り」や「憎しみ」ばかり目にしていたら、
自分自身もどんどん嫌な気持ちになってくる。

気分が落ち込んでしまう。

お気に入りのアニメや映画を観ても、
もう楽しくなってしまうだろう。

だからニュースは観ない方がいい。

観ても何のメリットもないから。

今は他の人の行動に目を向けるよりも自分の行動に目を向けよう。

そうじゃないと、自分の人生がもったいない・・

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.