メルカリの売上の使い道

 

この記事を書いている人 - WRITER -

不用品をメルカリへと出品。励んでいると、たまにちょっとしたレア物の恩恵に預かることがある。

こんなの売れるのかな? と過去の実績を調査してみれば思わぬ価格で取引されていて、そこそこの相場と一定の取引市場が形成されている。これは自分も郷に倣えと強気に出品するや、たちまち買い手が名乗りをあげ大団円を迎える。つい昨日までは部屋の隅のゴミ箱へと別れを告げるつもりだったのだが。

そんな幸運を即座に貪るべく「サイゼ飲み」に出かける──つもりだったのだが、やはり宅配ピザの注文に変更した。つい数分前に下した夫婦の決断である。背景には「今じゃなくてもいいだろう」といった内容のディスカッションがあった。

諸々の事情は脇に置き、自分の気持ちに決着がつけられるかどうか。重要なのはその点であると私は考える。

妻が待ちぼうけのため本日はこれにて終える。楽しい休日を。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2022 All Rights Reserved.