メンタルの崩壊を支える「何か」

 

この記事を書いている人 - WRITER -

自身ではSNSをやりませんが、閲覧はしています。YouTubeとか。

黎明期の頃は、クリエイターが自身の才能を広く世間にアピールするためのサイトである。という認識でいましたが、YouTuberが数ある職業のうちの一つとして定着した今となっては、かの動画サイトはやはりSNSなんだなあ、という理解に至っています。著名なYouTuberたち、カテゴリー内での登録者数上位のチャンネルを見る度に、良い意味でも悪い意味でも、自身の認識がズレていたことに気付かされました。やはりネットニュースの記事だけで物事を判断していたらダメですね。

どの業界であっても楽なところなんてない。というのはやはり当たり前の話で、トップに君臨している人たちは並々ならぬ努力の末にその地位を確立したわけで、また少しでも手を抜けばあっという間に後続者たちに追い抜かれてしまう。というプレッシャーとも日々闘いながら今も全力で走り続けている。というその業界の実態は、少しずつ世間にも浸透してきた感があります。そうか、やっぱり皆んな苦労してんだなあ、という。

ただ知れば知るほど、その苦労が、睡眠時間を削って働く、たくさんの知識を吸収する、といった体や頭脳を酷使するような苦労だけではないらしい。ということが、閲覧しているこちら側からも見てとれます。

基本的にYouTuberたちが投稿する動画には、彼らからの一方的な自己宣伝を目的とした内容のものはなく、見ている人が笑ったり感心したりと、閲覧者を楽しませることを目的とした内容のものが投稿されます。つまりは視聴者たちに寄り添ったもの。それゆえに自身の発したいメッセージを動画でダラダラと垂れ流していたり、あるいはコメントや評価の欄を完全にクローズしている閉鎖的なチャンネルというのは、まず人気のチャンネルへと発展することはないような印象を受けます。少なくとも自分はそういった閉鎖型のYouTuberというのを見たことがありません。おそらくそんなツンケンした動画配信者には誰も寄り付かないからでしょう。

だからこそ、対面こそしていないものの、そのチャンネル上において、視聴者とYouTuber側との何らかのコミュニケーションが図られることが、YouTubeというサイトの性格となっている模様です。そもそも誰でもその動画を閲覧でき、コメントし、グッドorバッドの評価を下せるのだから、閲覧者と投稿者の交流が行われるのはある意味では自然なことだと思われます。

そのようなYouTubeの性格が、上記の〝苦労〟に、体や頭脳以外に大きな負担をもたらすことが予想されます。そう、「メンタル」です。

彼らのメンタルの酷使ぶりは、それを体験したことがない者にでも理解ができるくらい、想像を絶するものであると、想像されます。自分だったらばとても耐えられない地獄。よほど自分の中に何か信念でももっていなければ乗り切れないのではなかろうか。単なる「お金」だけでは、とても続けられないであろう状況が、こちらからも存分に見てとれます。こんなに辛いことよく耐えられるなあ、と。

そのメンタルを支えている「何か」は、もちろん人それぞれだと思いますが、きっと彼らは彼らなりの正義のもとに己の命を捧げているに違いない、と勝手に想像し、何らかのシンパシーを感じている次第です。進んでいる道はまったく違うけれど、向かっている方向は、なんとなく同じであるような気がするのです。個人で生きる、という意味においては。

自分も早く自身の地位を確立したいですね。そのために今日も小説の執筆、頑張ります。

 

 

自分の中に確かな〝何か〟を保持していれば、暗闇などまったく恐るるに足りない。

それはきっと「自信」ではない。「実績」や「証拠」なんかでもない。

たとえそんなものがなくとも、その胸に確かな『思い』さえあれば、どんな困難でさえも乗り越えていけるはず。

僕はそう、信じている。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2021 All Rights Reserved.