今日もサイゼ飲みしてきます

 

この記事を書いている人 - WRITER -

もはや我が家の恒例行事になりそうな兆し。やはり昼間からお酒を飲むというのは気持ちがいいものですよね。しかも、その方が翌日への影響が少ないので、四十を目前に控えた我々のような夫婦には好都合です。

やるかやらないかの人生。やる時はとことんやるし、やらない時はとことんやらない。後者にあたる今日はダメダメな一日を過ごしてしまいそうです。こういうところが極端な性格だといわれてしまう所以か。

たまにはダメにならないと、バランスが保てません。生きるか死ぬか、文字通り綱渡りのような日々を乗りこなしていくためのバランス。心を強く持ち続けるためのバランス。ずっと100%で居続けられないのが誠に歯がゆいです。悲しいかな、絶対的に衰える身体機能には逆らえないので、それを受け入れつつ、自分なりのリズムを作っていくしかありません。

ダメな日があって良い日がある。社会からすれば、そんな自分はやはりダメなのかもしれませんね。ムラのない人間の方がよほど安心感があるもの。

けれどもそんなダメな自分こそが、自分という人間の〝正体〟であるのだから、偽りの仮面などで体裁を繕わず、ありのまま、素っ裸の自分で生きていきたいと思っています。それこそがまさに本気で生きる、ということだと自分は思う。少なくとも、作家・大矢慎吾にとっては。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2021 All Rights Reserved.