傷だらけのこの人生

 

この記事を書いている人 - WRITER -

久しぶりにお酒で失敗しました。飲みすぎて頭が痛い。吐いたのなんて数年ぶりです。

以前にお酒を断ったのは、こういった経緯からでした。自分には適量というものがありません。「満足するまで飲む」か「一切飲まない」かという、どちらかの調節しかできません。

だからストレス発散のために飲みに行った時は、だいたい体調を崩します。自分が満足するまで止めどなく飲んでしまうので。自分の限界ラインなんてすぐに超えてしまいます。止まらないし、止まれない。

適度な楽しみ方ができればいいなぁ。といつも思うのですが、自分にはそのような器用なまねはできないようです。

 

 

自分は、どんな物事も「やる」か「やらない」か、そのどちらかの姿勢でしか、臨むことができません。やることはとことんやるし、やらないと決めたことは一切やりません。

そうやって生きてきたせいで、やり過ぎて痛い思いをたくさんしたし、できないせいでたくさん恥をかいてきました。まさに傷だらけの人生です。

思えば、やらなければ痛い思いをすることもないわけで、適度にやっておけば恥をかくこともないわけです。何事もそこそこで生きる方が安全。器用に立ち回って生きる方が絶対に楽。そんな生き方ができる人がうやらましいです。ほんとに。

まったく心も体も全身傷だらけのこの体ですが、そのおかげで、この身をもって多くのことが体験できました。

だから過去の傷は、やはり男の勲章と呼ぶにふさわしいのではないか。そう思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2021 All Rights Reserved.