2020/10/22

元の生活には二度と戻らない

 

この記事を書いている人 - WRITER -

「この先の未来が想像できない」

そう感じている人がいるかもしれない。

この先どうなるかなんて誰にもわからないけど、
進む方向に暗雲がかかっているのは間違いない。

すべての原因は明確でないことだ。

とにかく、どう転ぶのかがハッキリしない。

・緊急事態宣言は延長されるの?されないの?

・普通の生活に戻れるの?戻れないの?

・会社はどうなるの?倒産してしまうの?持ち直せるの?

白か黒かがハッキリしないので、
どんな心構えでいればいいのかわからない。

だからずっとモヤモヤしてしまう・・

 

 

これは極論かもしれないけど、
どっちかハッキリしていれば決意も固まると思う。

例えば、

「2020年はずっとこの状態が続く」

それが明確ならば自分も覚悟を決めるしかない。

きっと大変な困難が待っているのだろうけど、
なんとか耐えて頑張っていくしかないな・・と。

けれども、

「来月にはもう解除されるかもしれない」

「だけどまだ延長する可能性もある」

なんて曖昧なことを言われるから、
こっちもどんな気持ちでいればいいのか迷ってしまう。

”覚悟”を決めようがないのだ。

だからなんだかヤキモキするし、
気持ち悪い感じがしてしまう。

まるで生殺しにされているような気分だ。

 

 

僕はこう思っている。

「自分で決めるしかない」

これから自分が進む道は、
もう自分で決めてしまうしかない。

もしもこうなったらこうだ、とか、
違った場合でもなんとかなる、とか、
可能性で自分の道をコロコロ変えない方がいい。

どっちに転ぶかはわからないけど、
どっちに転ぶかを無理やり確定させてしまうのだ。

僕の場合はこう考えている。

「もうこれまでの生活には二度と戻らない」

この国がどうとか、経済がどうとか、
そんな難しい話はよくわからないけど、
とりあえず今までの考え方はもう通用しないだろう。

とにかく後悔だけはしたくない。

”あの時にああしとければよかった・・”
なんて思いをするのだけは絶対にイヤだ。

だからこそ自分のやりたいことをやる。

やらないまま終わってしまうことのないように。

僕の場合は本を書く。

今日も明日も明後日も、ひたすら本を書き続ける。

それ以外にやりたいことなんてないから。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.