2021/08/23

先のことは、着いてから考えればいい

 

この記事を書いている人 - WRITER -

振り返れば12月からずっと苦しい日々が続いています。

小説を書いてみようと思い立ち、何を、どう書けばいいのかも分からず、突貫工事的に毎日執筆を続けました。それからです。苦しい日々が続いているのは。

10月、11月は、のほほんと過ごしていました。

作家の道一本で進もうと決め、派遣社員の契約を終了した時は、まさに晴れ晴れした気持ちでした。ようやく解放されたような。

もちろん派遣先には相当お世話になっていたわけで、その派遣先がどうというわけではなく、要は、一本道でなかったことが苦しかっただけなのです。二つのことを同時にできない自分の性分のせいです。

穏やかな気持ちでもう一度人生と向き合い始めると、小説を書いて人を楽しませたいという思いが湧いてきました。ネガティブではなく、ポジティブなことに目を向けよう、と。

以来、楽しいことをやろうとしているはずなのですが、取り組んでいる本人はとても苦しい。まさかこんなに大変なことだとは思わなかった。

新しいことにチャレンジすれば苦しいのは当たり前。それは承知していたはずですが、その苦しみは想像よりも深く、そして、先が見えないほどはるか先まで続いていそうです。

 

 

ただ人間の適応力とは偉いもので、少しずつこの苦痛にも慣れてきました。

最初はいちいちケアしていたわけですが、もう面倒なのでそのままにしておこうと放っていると、傷ついているのがもはやデフォルトの状態になってきました。

できない状態が当然で、できた時は単なる幸運だという感覚。

自分はできない人間なのだから、できないことについて落ち込むのはやめよう。だって、いちいち落ち込むんでいたら、疲れるし。

できなくても、無視、無視。

不出来でも見て見ぬ振り。知らない。もうあとで考えよう。

とにかく書き進め。ひたすら書き進め。

後先考えずにキーボードを叩け。今日も叩いて、叩いて、叩きまくれ。

進んだ先のことは、進んだ先で、考えればいいのだ。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2021 All Rights Reserved.