2021/08/23

”安心”というドラッグ

 

この記事を書いている人 - WRITER -

テーマ:コモディティ化

 

僕はコモディティ人間には絶対ならない。

そう、心に決めている。

またその思いは最近になって余計に強くなった。

なぜなら自分をコモディティ化すると、
自分の気持ちがどんどん分からなっていくからだ。

”人と同じ”という状態は
ただそれだけで安心するもの。

「よかったぁ、自分は間違ってないんだ」

人と同じ行動であることが確認できれば、
それだけで自分の行動の正しさを確信できる。

別にそれは悪いことじゃないと思う。

だけどそればかりに頼っていると、
自分の頭で考えることを忘れてしまう。

するとそのうち、
ひたすら人と同じことばかりするようになる。

例えば、

「一番人気のメニュー」
「口コミの多い宿」
「みんなが好きなタレント」

選択の基準が、
”多くの人が選んでいるもの”
というようになっていく。

そうなるのはきっと、
人と同じでないと不安になるからだ。

つまり、ただ安心したいがためだけに、
人と同じ選択肢をとろうとするのだ。

そう、”安心”には中毒性がある。

もちろん多くの人に支持されているものは大体間違いないし、
妙な失敗を避けるためには必要なものだと思う。

だけど”安心”に浸かっていると、
そこからもう抜け出せなくなってしまう。

依存してしまう。

不思議なもので、依存してしまうと、
自分の心の声がどんどん聞こえなくなっていくのだ・・

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.