2020/10/04

実は犠牲ではない

 

この記事を書いている人 - WRITER -

テーマ:犠牲について

 

自分のことを優先する事は、
他のすべてを犠牲にする事だと思う。

だけど、人は誰もが一人で完璧だ。

自分も、そして自分以外の人間も、
本人に差し迫った困難は自らの力でなんとかする。

またあなた自身がそう振る舞うことによって、
不思議と周りの人間も同じように変わっていく。

それはきっと環境に適応しようとするからだ。

「無理ならば自分でなんとかするしかない」

結局のところ人は誰もが一人で完璧なのだ。

自分のことを優先する事は、
”他人からの良い印象”を犠牲にすることだと僕は言った。

けれど不思議なもので、
自分では犠牲にしたつもりでも、
実際にやってみると前以上に対人関係は良好になる。

「自分勝手な奴だ」
「空気の読めない奴だ」

などと毛嫌いされるかと思いきや、
相手はありのままの自分を受け入れてくれる。
(もちろん全員ではない)

それは自分の信念を貫く様子を感じ取り、
相手側がそれ(環境)に適応しようとするからだと思う。

だから自分のことを優先して生きる事は、
実は、他人との関係を犠牲にする事ではないのだ。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.