2020/08/03

想像を絶する不安

 

この記事を書いている人 - WRITER -

不幸な出来事その8「借金」

個人起業で成果をあげたものの、
領収書などの経費関係をズボラに管理していたせいで、
銀行融資含め400万の借金を背負った。

たしかに借金によって追い込まれたおかげで、
会社の事業は成果を上げることができた。

が、その返済生活は想像を絶する不安との戦いだった。

当初は布団に入ってもなかなか寝つけなかった。

ようやくウトウトし始めたと思ったら夜中にパッと目が覚める。

「・・ダメだ、時間がもったいない」

そして布団から這い出し、また机に向かって仕事し始める。

いつもイライラしていた。

バラエティ番組を見ても笑えなかった。

「こんなことをしてて大丈夫か・・」

常に借金が頭の片隅にあるせいで、
楽しいことが本気で楽しめない。

時間がもったいないと思ってしまうのだ。

結婚するとその不安はさらに増幅された。

大きな荷物がまた一つ増えたと思った。

「早く楽になりたい・・」

そんな精神状態が長らく続いていた。

返済期間一年半・・

全てを完済した時は信じられない開放感だった。

ところが、それから自分の心に変化が起きた。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2019 All Rights Reserved.