2021/08/23

感情には成長の種が隠れている

 

この記事を書いている人 - WRITER -

テーマ:個性とは?

 

僕には分析癖がある。

中でも自分の感情は日常的に分析している。

その理由は、
感情には”成長の種”が隠されているからだ。

例えば、僕は昔から嘘をつく人が嫌いだった。

とくに冗談を言って
相手をからかうようなタイプが大嫌いだった。

「どうしてそんなことするんだよ・・」

よく友達に騙されて、
「嘘だよ、バカじゃないの?」
と小バカにされたことに本気で腹を立て、
しばらく相手と口をきかなくなっていた。

だけど大人になるにつれてわかってきた。

人が嘘をつくのは「照れ隠し」なのだ。

マジメな空気は肩がこる。

また相手を疲れさせてしまう。

だから軽い冗談を言って
その場を和ませようしてるだけ。

別に悪意などなかった。

まあ、そんなことは
別に誰でもわかっていることだと思う。

だけれど問題は、
”なぜ自分がそこに怒りを感じていたのか?”
という部分だ。

どうして僕は、嘘や冗談を言う人物に
本気で腹を立てていたのだろう?

それは、相手に嘘をつかれるのは、
「自分が見下されているから」
とそう思い込んでいたからだ。

自分が価値のない人間だと相手に思われている、
そんな風に決めつけていたからなのだ。

そのことに対して僕は怒りを感じていた。

つまり僕はプライドの高い人間らしい。

自分がそういう人間であることを、
この時初めて理解したのだった。

こうして自分の感情を分析していくと、
相手とのコミュニケーション力もつくし、
自分自身のことも深く理解することができる。

だから人間的に成長できる。

そのスタートは自分の抱えている「怒りの感情」だ。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.