成長とは、こだわりを手放すこと

 

この記事を書いている人 - WRITER -

”自分は何をそんなにこだわっているのだろう?”

そんな疑問を自分自身に感じだしたその時、
僕たちは成長するかどうかの分岐点に直面している。

そこで自身のこだわりを保持し続けるという選択をするのは、
すなわち「現状維持」を選択したことを意味する。

なぜならそれは「変わらない」という選択をしたことになるからだ。

対して「こだわりを手放す」という選択をするのは、
すなわち「消えるかもしれない波に乗る」という選択をしたことを意味する。

なぜならそれは「変わる」という選択をしたことであり、
かつ、成長するか後退するかの賭けをしたことになるからだ。

もしも乗った波が「大波」だったならば、
未だかつて見たこともない景色に出会えるだろう。

けれども乗った波が単なる「さざなみ」だったならば、
落胆するとともに大きな喪失感を味わうハメになる。

”せっかく大切にしていたこだわりを手放したのに・・”

一度手放したこだわりは、もう二度と、取り戻すことができないのだ。

 

 

僕たちがこの先も成長していくためにはどうすればいいのか?

それは上記に照らし合わせれば容易に答えが分かる。

「自身のこだわりを手放す」

その選択をするしかない。

つまり、自分が成長するためには、
一か八かの賭けにでるしかないのだ。

 

・・そう、未来はいたってシンプルだ。

「変わらない」という選択肢を捨てない限り、
僕たちが次なる景色を拝むことは決してできないのだ。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.