2021/08/23

手紙は面倒。だから良い

 

この記事を書いている人 - WRITER -

僕は人に手紙を書くのが好きだ。

相手に大事なことを伝える時にはいつも手紙という手段を使う。

ただ、好きだとはいっても、
積極的に手紙を書いてきたわけではない。

実際、電話やメールで済ませた相手もたくさんいる。

「手紙を書く」というのは大変に骨が折れることだからだ。

妻へのプロポーズの手紙はほぼ丸一日かかったと記憶している。

だから本当のところでは、
簡単に済ませてしまいたいという気持ちがある。

しかし、過不足なく自分の思いを伝えるためにも、
止むを得ず手紙という伝達手段を用いている。

そんな様子を知っている妻に昨日、
「どうしてそんなに時間がかかるの?」
と聞かれた。

妻はそこまで長文の手紙を書いたことがないという。

いや、長文だから時間がかかるわけじゃない。

たとえ短い手紙だろうが数時間はかかる。

分量の問題ではない。

 

「自分が言いたいことを書くのではなく、
相手が言われたいであろうことを想像して書くと時間がかかる」

 

僕がそう言うと、妻は、
「ふーん、それは大変そうだね」
と言って寝室に消えて行った。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.