2022/12/07

文体の妖術使い、谷崎潤一郎

 

この記事を書いている人 - WRITER -

小説の創作にあたって作家が思案する要素は二つある。

『何を書くか?』
『どう書くか?』

これらを充実させる、あるいは向上させることによって、作品に重厚感や格調高さ、ひいては〝面白さ〟などなどが付与されていく。上記二点は文芸の根源的な要素で文章家が生涯取り組むべき課題でもある。

とりわけ『どう書くか?』は作品の世界観を左右する要素で、その採択によっては、同じことが書かれてあっても読む側にまったく違う印象を抱かせる。書き方によってはホラーにもなり、ファンタジーにもなり、場合によっては推理小説にさえもなり得る。その出版が娯楽作品の場合には、推理小説を期待したつもりが読んでみたらホラーだった、ミステリーだと思って買ったのに純文学だった、といった購読のミスコミュニケーションを防ぐための媒介項にもなっている。最近はそこまでの乖離はまずもって生じないほど明確にジャンル分けがなされているけれど。

この『どう書くか?』について、例えば推理小説の場合でいうならば、ことさら文章の「構成」に重きが置かれるものと思われる。如才なく推理の材料を提示しつつ結末まで謎を保持させるような魅せ方であったり、読み疲れて途中で離脱されないよう解答を小出しに披露していく展開のさせ方であったりと、このジャンルの作品群には最後まで読者を楽しませる趣向が細部に凝らされている感がある。

そしてこれがホラー小説の場合には、読者をその世界観に没入させ存分に怖がらせるためにも、とりわけ文章の「文体」に思案の目が向けられるものと推察される。なぜなら作品から醸し出される雰囲気、世界観、あるいは色合いなどは、語られる文体によって読者の内にへと形成されるものだからだ。

 

 

ある卓越した文章には妖気が宿る。というのが私の持論。

卓越した文章すべてに妖気が宿るわけではなく、とある卓越した文章にはそいつが孕んでいて、読んだ者の胸の内に奇妙な感情を呼び起こさせる。戦慄であったり、もちろん恐怖であったり、蠱惑的な〝何か〟であったりと⋯⋯なぜだか惹きつけられて止まない、言い知れぬ魅力に取り憑かれて目が離せないといった読書体験をもたらす、何か。それは作品が放つ妖気の仕業だとしかいいようがない。

もし仮に、読む者の胸の内に形成される心象をジャンル分類の基準とするのであれば、氏の一部の作品は、先駆け的なホラー小説になるのではないかと私は考える。一般にいわれるミステリー・サスペンスの先駆者というよりも私はそちらの方がなんだかしっくりくる。もちろん一部の作品が推理小説(言葉の意味合いから探偵小説ではなくこちらを呼称としたい)の先駆け的存在であることに異存はない。謎を含ませたまま示唆的な語り口で展開される物語は、間違いなく推理小説のそれである。

ただそれはあくまで形式上の話に過ぎない。作品の体裁が出版的には推理小説に分類されるのだとしても、読んだ者たちが心に抱く感情、その読書体験が我々にもたらすものは、紛れもないホラー小説におけるそれに相違ない。

耽美を志向し、女性の美しさをマゾヒスティックな視点でもって描き出したその作風は、道徳観や倫理観の色濃い日本的な作品の埒外に位置しており、安直にはいかにも過激に映ってしまうものの、それはあまりにも、あまりにも華美を極める。紛れもない芸術の創作物、概して一定程度の主張が潜伏している純文学とは一線を画する。とどのつまり、それが耽美。

しかも氏は、作品ごとにその妖術を使い分けていたのだから尚のことおそろ(畏)しい。

「春琴抄」句読点を極限まで省いた日本の古典美を存分に引き立たせる文体、「卍」交錯する男女関係を歪みゆく愛欲で描きサスペンスな読書体験をもたらす文体、そして、「鍵」誰しもに内在する物見高さと妖艶なる女性美をこれでもかと読み手に感じさせるその巧妙な文体と構成──。処女作から晩作に至るまで千変万化し続けたその氏の文体には、見たところ一定の型というものが存在していない。それぞれの作品に、それぞれの色彩が施されてある。どの作品にも一様に妖気を纏わせたうえで⋯⋯。

その多彩ぶりと手数の多さ、まさに脱帽としかいいようがない。他に類を見ない、唯一無二の文豪であることに言及するのもいくぶんか憚られる存在である。

これほどの文豪が明治以降の文壇に名を連ねていたのなら、戦前の文学の活気が現在の比ではないことが容易に想像される。文学が日本を席巻した、というのが文字通りの時代があったのだろう。

 

 

ちなみに氏の分析にあたっては、「細雪」という作品を読書リストに挙げたまま読了せずこれを終えた。

時間があれば是非とも読んでみたかったし、可能なら今からでも読み始めたいと願う作品。しかし超長編がゆえに未了のままに進む決断を下した次第。それは以下なる理由によって。

まだ少し漠然としてはいるものの、個人的に、文学には二種類の芸術があるものと感じている。

『絵画的な芸術』
『建築的な芸術』

私の感覚では、谷崎潤一郎氏の作品群は絵画的な芸術にあたると感じた。そのため次へと進んだ方が良作だと考えた。

もちろん上記はどちらが秀でているという話ではなく、ただ私という人間は、どちらかといえば建築的な芸術の方に感度が高い作家なのではないかと自己を分析している。おそらくその方面に可能性をもっているタイプではないか、と。

絵画的な芸術にあたる小説は、読書することで抱く心象の美しさ如何によって芸術を表現している感がある。いうなれば〝視覚で感じる美しさ〟といったところか。

対して建築的な芸術にあたる小説は、言葉の配置や使い方の妙で耳に響く音の美しさ如何によって芸術を表現している感がある。上記に対するなら〝聴覚で感じる美しさ〟といったところか。未だ最適なる説明を獲得できていないのが申し訳ない。

いずれにしても私自身は氏とは逆側の感性に可能性を感じており、それと親和性を感じる作家の作品群の分析により時間をかけるべきだと考えている。何度も言うようにこれはテストで100点をとるための分析なのではなく〝面白い〟小説を書くための分析なのだから。

谷崎潤一郎氏といえば、文芸について芥川龍之介氏と激論を交わしたエピソードが一般に知られている。

「小説の芸術性は話の筋にある」とした谷崎氏の評に傲然と異論を唱えた芥川氏。日本の文学の歴史としてあまりにも有名な出来事である。

両者を対比する形で考えるのはいかがなものかとも思うが、私は芥川氏の作品群を建築的な芸術にあたるものと推察しており、そちらの方により時間を費やす所存でいる。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2022 All Rights Reserved.