2021/08/23

新テーマ「自己責任な生き方」

 

この記事を書いている人 - WRITER -

前回まで命をテーマに話してきた。

人生の支配者は自分だけ。

だから自分の行く道は
自分だけに決める権限がある。

僕は引きこもっていた部屋を抜け出した
中学三年の時からずっとそうやって生きてきた。

そういう生き方をする僕に対して、
「なんか、自由でいいですね」
みたいなことを言う人がたまにいた。

皮肉のつもりだったのだろう。

そう言われたらまるで、
「自由=楽」みたいだけど、
それは違う。

自由よりも縛られている方が絶対に楽。

例えば、仕事で上司から
「これやっといて」と言われる。

「○○というやり方で、○○日までに、○○と協力しながら進めてくれ」

こんなふうに指示されたら、
自分では何も考えなくて済む。

けれど、これやっといてと言われて、
「お前に全部任せる」
と言われた場合はかなり焦る。

どういうやり方で、
どういう風に進めるのか、
いつまでに仕上げれば上司的にセーフなのか・・

すべて自分で考えて、想像して、
緊迫した心持ちで動いていかなければならない。

そっちの方が絶対に大変だ。

「お前に任せる」と言われたら、
できなかった時に責任をとるのは自分。

そう、自由には必ず責任が伴う。

”自分の思うように生きる”とは、
その道で起こる出来事に対して
すべて自分で責任を取らなければいけない。

今日からちょっと「責任」について話していこうと思う。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.