2020/08/16

本で人の運命を変えたい

 

この記事を書いている人 - WRITER -

ようやく自分の役割がわかった。

そして本を書く意味がハッキリとわかった。

僕は、本で人の運命を変えたい。

 

この世界を変えたいなんて大それた話じゃない。

また何十年と歩んできた人の人生を
すべて塗り変えるなんて大げさな話でもない。

運命は分かれ道の連続。

一本道では決してない。

人の運命は最初から決まってなどいない。

運命はいくらでも変えられる。

僕の本がそのきっかけになれたら、
これ以上に嬉しいことはない。

 

また全ての人に影響を与えたいわけじゃない。

いま心の中に何かが芽生えている人。

違和感
責任感
正義感

いまこの世界を生きていて、
自分自身の存在価値に気づき始めている人。

自らの人生を変えたいと思い始めている人。

そして社会に立ち向かっていく決意をした人・・

そんなふうに、
自分と同じ価値観をもった人を
僕はこれからも勇気づけたい。

あなたは決して一人ではない、と・・。

 

このまま終わらせはしない。

絶対に放っておかない。

僕たちは、最後まで僕たちの人生を生きるんだ。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.