2021/05/12

毒舌な読者

 

この記事を書いている人 - WRITER -

僕が新しく本を出版した時、
最初に購入してくれるのは、いつも同じ人物だ。

その人物は、読み終わったその本について、
正直なレビューを著者の僕だけに伝えてくれる。

何を隠そう、その人物とは『妻』だ。

妻は僕を応援してくれてはいるけど、
僕の本のファンではない。

一人の読者として、一般の読者と同じように、
お金を払って書籍を購入してくれている。

しかも、読者の誰よりも正直に、
著者である僕に感想を述べてくる。

「最後まで読む気にならなかった」

これまでに出版した五冊の本に対して言われた言葉だ。

「読んでも明るい気持ちにはならないね」

こんな事も言われた気がする。

ただ、妻はニオイに悩んできた人間ではないので、
そう思うのは仕方がないだろう。

だけど最後まで読む気にならないって、
なんて素直で、なんて直球な感想なんだと思った。

 

そんな妻が昨日言った。

「3回泣いてしまいました」

先日に出版した、新刊の感想だった。

これまでは、一冊たりとも、
最後まで読みきってくれた事はなかった。

「開き直りのススメ」なんて、
お金を出して買ったのに、未だに読んでいない様子。

今回、初めて最後まで読む気になったようだ。

嬉しかった。

正直な妻の意見は信頼できる。

僕に気を遣って良い感想を言おうとか、
そんな優しさをかけてくれる妻ではない。

だからこそ、僕は自信をもってこう言える。

『今回の本は面白い』

これまでに出版した書籍とは、
なにもかもが違う。

体験した出来事を作文的に書いたものではなく、
一つの物語として、悩みから「解放」される為に
必要なことを書いたつもりだ。

ぜひ読んでみてほしい。

コンプレックスが幸福の「チャンス」に変わる本

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2019 All Rights Reserved.