2020/10/04

犠牲にしたと思っていたけど・・

 

この記事を書いている人 - WRITER -

テーマ:犠牲について

 

”他人からどう思われてもいい”

そして僕は自分らしい人生を手に入れた。

結果的にそれは、
他人からの良い印象を犠牲にしたのだと思う。

ところが・・

しばらくしてから気がついた。

”これまでよりも人と打ち解けられるようになっている”

人の目ばかりを気にして、
人に嫌われないように振舞っていた自分よりも、
人にどう思われようが関係ないと
開き直っている自分の方が相手と仲良くなれていた。

全員に対してそうではないけど、
仲良くなった相手とはこれまで以上に打ち解けられている実感があった。

そ子で僕は理解した。

相手から良く思われたいと振る舞おうが、
どう見られてもいいと振る舞おうが、
それをどう思うかは結局相手次第なのだ、と。

ありのままの自分でいることは、
「ワガママなんじゃないか?」
「自分勝手なんじゃないか?」
などと自分では思っていた。

けれど自分を偽らない僕のことを、
相手は「素直」だとか「正直で信用できる」と思ってくれたらしい。
(実際に聞いたことはないけど相手からそう言われた)

それはまさに予想外の反応だった・・

たしかに、正直な自分でいることで、
まったく仲良くなれない相手もいる。

けれども全てが悪い結果を招いたわけではなかったのだ。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.