2020/08/16

笑われて生きる

 

この記事を書いている人 - WRITER -

自分の夢を否定された時ほど眠れない夜はない。

社会では相手の本音が見えないので、
あからさまに笑われることはない。

ただどれだけオブラートに包まれようが、
アドバイスと称した激励を受けようが、
言いたいことは伝わってくる。

ようは、

「結婚して30超えた大人が、なにやってんの?」

という話である。

相手もバカにするつもりはないらしい。

本当に僕のことを心配して、
僕の将来を思って、人生の先輩として
アドバイスをくれるのだ。

実際、聞けばまっとうなアドバイスばかりで、
個人的な価値観で言ってる感じではない。

至極まっとうな話ばかりだ。

本当に相手を思うからこそ、
嫌われてもいいから本音をぶつけてくれる、
というのは考えたらありがたい話だ。

仮に同年代でそんな友人がいたら、
本当に親友になれる相手なんだと思う。

しかし・・

命の使い方を決めるのは自分だ。

人生の時間をどのように使うのか?
残された人生をどうやって過ごすのか?

それだけは絶対に自分で決めるべきだ。

でないと僕のようなタイプは
あとで死にたくなるほど後悔するから。

どれだけ言われようがやることは変わらない。

ここまで来るまでにどれだけ大変だったか・・。

どれだけのことを犠牲にして、
そしてどれだけの時間を費やし、
どれだけ悩んで決めたことか。

人にちょっと言われたくらいで
簡単に諦めるわけがない。

今回は妻と二人で決めたことだ。

応援してくれる人がいる以上、
いい加減なことは絶対にしないぞ。

オレは作家として生きて行くんだ。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2019 All Rights Reserved.