2021/05/12

緊急:早くから自宅待機してくれていた人へ

 

この記事を書いている人 - WRITER -

昨日、コロナの一日の感染者が一気に700人を超え、
ようやく危機感が生まれた人も増えたと思う。

だけどもっと早くから危機感を察知し、
周りのことを考えて自宅待機してくれていた人もいる。

僕が本気で危機感を抱いたのは数日前。

あなたからしたら、
「遅いんだよ! こっちはもう限界なんだよ!」
という話だと思う。

こんな自分が言えた義理ではないですが、
僕はあなたに言いたい。

「本当にありがとう」

きっとあなたは、
テレビやネットで街の様子を見ながら、
”なんでみんな、外出を自粛しないんだよ!”
と怒りに震えていたことだと思う。

自分は色んな欲望を我慢して家にこもっているのに、
周りはそんなことお構いなしに過ごしている。

収入が途絶えてしまい、
貯金を切り崩しながらなんとか暮らしている人もいるだろう。

「たとえ会社をクビになったとしても構わない」

勇気を振り絞って会社に意思を伝えた人もいるだろう。

言うことを聞かない子供に本気で腹が立ち、
溜まっていくばかりのフラストレーションに
限界を感じている人もいるだろう。

自分はこんなにも我慢しているのに・・

自分はみんなよりもずっと早くから我慢しているのに・・

なんだか、自分だけが損をしたような気持ちになる・・

あなたの気持ちを完璧に理解することはできないけど、
そんな気持ちになっているのではないかと僕は勝手に想像している。

「ありがとう」

気休めにもならないと思う。

だけど、伝えたい。

「本当に、ありがとう」

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.