2021/08/23

誕生日を迎えました

 

この記事を書いている人 - WRITER -

今年も無事にこの日を迎えることができました。体はいたって健康。それなりに病んだり苦しんだりと、精神も相変わらず通常運転を続けています。悩みのない人生なんてクソだ。

今現在がもっとも自分らしく生きられています。

これまで「大矢慎吾」というのがどういう人間なのか? どうにも理解しかねるところがあったのですが、自分と向き合い続け、苦しかった時期も乗り越えて、ようやくしっくりくる表現に出会いました。

『我が道をゆく』

それが、自分という人間の正体でした。

最初は受け入れがたい気持ちがありました。こんなのが自分なのか、と。自由方便で自分勝手な人間。きっとコイツは一生孤独。他人のことなんてどうでも奴なんだろう。本当の自分を知った時、成りたい自分像とはかなり違っていて、愕然とした思いを感じていました。

しかし、いくら否定しようと、それが自分なのだから、仕方がない。

こんな自分のできることで、人に価値を提供していくしかない。

自分にしかできないこと。自分だからこそできること。

そう決心したら、心の中のモヤモヤとした霧は一気に晴れました。

そうだ。全員に好かれたいなんて無理な話。自分らしく生きていれば必ず誰かには嫌われる。

そりゃあそうだ。相手によってコロコロ態度を変えないということは、自分と「合わない」という人が必ず出てくるのだから。

自分を嫌いな人がいるということが、それすなわち、自分らしく生きていられている。ということの表れなんだ。

たとえ相手がたった一人でもいい。

自分の言葉に価値を感じてくれる人が一人でもいれば、その人に向かって、僕はメッセージを発信し続けていこう。

そうである限り、自分は、作家なのだ。

 

 

誰もが自分らしい人生を生きられたら、この世界はとんでもないことになるんじゃないか。

そんなことを思って一人わくわくしながら、安い缶ビールを片手に、大好きな柿の種をつまんでいます。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2021 All Rights Reserved.