2021/08/23

誰もが相手を傷つけたくはない

 

この記事を書いている人 - WRITER -

不幸な出来事その3「ニオイ」

僕は人から「口が悪い」と言われるほど
素直に自分が思った事を口に出してきたけど、
世の中の人はそうではない事がわかった。

そして同時に、
「どうして面と向かって言わないのだろう?」
という疑問を感じるようになった。

僕と対面している相手は、
話している僕から口習を感じても
ハッキリとは指摘してくれない。

最初それは、陰で僕を笑い者にしたいからだと思っていた。

目の前では我慢しておいて、
あとで友達グループの輪に戻った時に、
「ちょっと聞いてよ。アイツ、マジでやばいって・・」
とネタにして盛り上がる為だと思っていた。

その場で僕に、
「なんか、君ってニオうね」
などと言うと喧嘩になってしまう恐れがある。

だから心の中のでは、
(うわ、コイツ・・キツイな)
と思いながらも、
(良い話のネタができたぞ)
などとほくそ笑んでいるのではないかと想像していた。

ところがどうやら違うらしい・・
大人になるにつれて徐々にわかってきた。

人は不快なニオイを感じると思わず鼻を覆ってしまう。

そしてそれは、目の前の相手から発せられているものだと気付く。

そこで、
(おい、お前さ・・)
という言葉が脳裏によぎると同時に、
理性が自分の行動を制御する。

(これを言ったら可哀想だな・・)

自分が面と向かって相手のニオイを指摘すれば
相手はその言葉に大いに傷付くことになる、
その気持ちが出かかった言葉にブレーキをかけるのだ。

もちろん反射的に「○っ!」と言ってしまう事もある。

だけど目の前の相手が親しい相手であればまずそんな事は言わない。

人からハッキリと、
「口がニオう」「ワキがニオう」
と指摘された相手の心の傷は計り知れない。

その場面は一生忘れられない映像となり、
いつまでもその人の記憶に残るだろう。

まさに悪夢だ。

その事を「指摘する側」も気付く。

だから相手に面と向かって指摘できないのだ。

「人を傷つけたくない」
という思いは誰もが同じなのかもしれない・・

そんな事が大人になるにつれてわかってきた。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2019 All Rights Reserved.