2020/08/16

2020年を目前にして 4

 

この記事を書いている人 - WRITER -

当然だけど、人の人生は有限だ。

どんなに波乱万丈な人生を送ってきた人でも、
10冊も本を出版すればネタは尽きる。

有名人の自伝も、何冊も出版されることはない。

じゃあ今後も本を出版していくにあたって
何を書けばいいのか?

選択肢は限られていた。

1:小説を書く
2:ネタを作る
3:エッセイを書く

1:は面白いお話を書く才能が必要、
前述した通り僕には無理だ。

2:の場合は色んな方法が考えられる。

例えば旅行を趣味にして、
旅行記や旅先での出来事を本に綴るという方法。

または麻雀でも初めて、
その面白さやテクニックを本に綴るという方法。

あるいはどこかのゴミ清掃芸人みたいに、
仕事にまつわる出来事やノウハウを本に綴るという方法。

いくらでも方法はあるだろう。

が、このやり方も、何冊も本を出版することはできない。

角度を変えたり、テーマを変えれば、
色んなバリエーションの本を生み出すことができる。

けれど読む側からしたら、
「ゴミの話はもういいよ・・」
と何冊目かで飽きてしまう。

そもそも、会社員をしながら執筆している作家には、
執筆以外にもう一つ趣味を増やす時間など無い。

要するに「創造力」をネタにしなければ
何冊も本を出版していくことはできないのだ。

というわけで必然的に選択肢は1か3に絞られる。

3:エッセイとは基本的に自論を述べる方法だ。

当然、自分の考え方や価値観を
これでもかと他人に晒すことになる。

「エッセイか・・」

僕は気が進まなかった。

なぜなら僕は、人から共感を得られない人間だから・・

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2019 All Rights Reserved.