「 ⇒すべての記事を読む 」 一覧

no image

二人だけの卒業式

  2017/09/14 

サプリメント、スプレー、そして精神科にまで行き、 両親の協力もありましたが、やはり学校に戻ることはできませんでした。 一度不登校になると学校に戻るのはかなり困難だと思います。 …

no image

親は真実を言わない

  2017/08/29 

両親の協力を得られたことで、 ようやく口習サプリに自腹をきることがなくなりました。 15歳、中学3年生にとって 毎月1,000円というのは大きな出費でした。 心配だったお金の不 …

no image

精神科で母親は納得

  2017/08/28 

“よく切れる包丁”という段階まで進み、 初めて母は息子が本気で口習で悩んでいるのだと認識しました。 僕が一人でふさぎこんだのは 「なんで誰もわかってくれないんだ!」 という気持 …

no image

ギリギリのところで親は理解

  2017/08/26 

真っ暗闇 うっすらとした光 ・・・ 目を開けました。 どうやら朝になっていました。 いつもと同じ空間に僕がいました。 (そうか・・。) 意外と冷静でした。 (親にどう説明しよう …

no image

リセットして楽になる

  2017/08/25 

その日は落ち着いていました。 悲しみや怒りはもうどっかに消え体の感覚を感じません。 静かでした。   ムクッと目を覚まし淡々と歯を磨きました。 部屋の椅子に座りました …

no image

ねえ神様、この野郎

  2017/08/20 

自分と対話する日々が続きました。 ずっと家にいるので自分以外の人間は家族だけですが、 その家族とさえも会話がなくなっていました。 両親は共働きで日中家にいなかったので、 家に一 …

no image

圧倒的劣等感 執拗な自己嫌悪 当然の結末…

  2017/08/19 

交際が始まって数ヶ月経ちました。 告白された時もなぜオレと?本当に変わった子だ、そう考えていました。 「口習があるオレなんかと・・。」 彼女と付き合っている、そんな認識はありま …

no image

雰囲気察知 小部屋で”シュッシュ”

  2017/08/18 

彼女との交際が始まってから数週間が経過しました。 二人は物理的な距離を保ったまま、心の距離だけが少し近づきました。  僕は、理解していました。 また、覚悟していました。 これで …

no image

真っ暗な生活にも一筋の光

  2017/08/17 

実はこの当時、僕には付き合っている彼女がいました。 当時を思い出しても映像は真っ暗、 そんな青春時代でしたが彼女の存在だけが心の支えでした。 これも引きこもった時期と多少前後す …

no image

人気者なのに口が臭い

  2017/08/16 

知らない人はいないほどの有名な芸人さんです。 僕はテレビという世界で、人気者のタレントが 口習をいじられているその一部始終を観て、 なんというか・・安心しました。 (人気者なの …

no image

口臭サプリでも不安は消えない

  2017/08/15 

このあたりが部屋に引きこもった時期と 前後しているかもしれませんが、 外出する前には必ずこのサプリを飲んでいました。 たまに家族でスーパーに出かける時、外食に車で出かける時、 …

no image

15歳 初めて口臭対策サプリメントを購入

  2017/08/14 

その広告はいつも購入していた メンズのファッション雑誌に載っていました。 広告には女性の絵が描かれていました。 女性は苦い顔をしていて、 お腹を両手で押さえるポーズをとっていま …

no image

15歳 たった一人きりの戦い

  2017/08/13 

「“臭い”なんて悩むほどの事じゃない。」 母のこのセリフは僕に大きな打撃を与えました。 口習で5年間悩んできました。 学校ではつねに友達の顔色をうかがってしまう。 明るく活発的 …

no image

悩みを誰も理解してくれない

  2017/08/12 

両親は最初、息子が何かしらの病気になったと考えたようです。 「今日も体調悪いの?大丈夫?病院行かなくていい?」 「いや、たぶん寝てれば治ると思う。昨日もそうだったから。」 朝起 …

no image

不安からくる対人恐怖症

  2017/08/11 

友達に口習を気づかれるかも・・。 口習で嫌われるかも・・。 口習を陰で馬鹿にされるかも・・。 学校にいるときはいつもこのような不安を感じていました。 口習があることはヤバイこと …

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2017 All Rights Reserved.