売れっ子Kindle作家 大矢慎吾

no image

自分がこの世に遺せるもの

  2020/11/27 

早速12月から小説の執筆に挑みます。 まずは短編。そして長編へと漸進していく算段です。 時折配信していたエッセイ同様、短編はこのメールで日刊配信していこうと考えています。 この …

no image

小説家と自殺

  2020/11/26 

ある小説家の著作を読み漁っています。 これまで立ち入ることのなかったそのジャンルに足を踏み入れた途端、ここを深く探求しなさいという囁き声が聞こえてきました。小説を書くと決めてか …

no image

新天地開拓に心踊る日々

  2020/11/25 

平穏か激動かのどちらかを選ぶなら迷わず激動をとります。 究極の選択になる余地がありません。 選択による深刻度を少し緩め、バイアスがかった「安定」か「不安定」かの二択にしたとして …

no image

出会いの場は本屋

  2020/11/24 

今日は手短に。 書籍や生い立ちからして言うまでもないと思いますが、一匹狼な人生を送ってきました。 心から歓喜した瞬間を振り返っても、浮かんでくるのは部屋で一人ガッツポーズをとる …

no image

初心に返り、涙した日

  2020/11/23 

本棚に一冊の文庫本があります。 読了した本は再流通させて次の読み手に繋げる方が有益だろうという考えがあり、最上段に鎮座した辞書的な本は別として、棚に並ぶ顔ぶれは常にころころ変わ …

no image

やっぱりSNSは向いてない

  2020/11/22 

数日前からツイッターを放置しています。 つぶやくSNSという触れ込みだったので365日愚直につぶやき続けてみたものの、いまいちその価値を見出すことができませんでした。 友達がい …

no image

僕、決めました。

  2020/11/21 

小説を書きます。 多くの人を楽しませるには物語の創作が最良の手段であると思い至りました。 電子書籍作家にとっての唯一の答えではないでしょうが、自分のリソースと照らし合わせればこ …

no image

限りなくブラックに近いホワイト

  2020/11/20 

ポジティブ・ネガティブは二元論で語られることが多いですが、こと性格に関していえば、どちらか一方に分類されるような性質ではないと個人的に思います。 黒か白かのどちらかではなく、黒 …

no image

暗闇など恐るるに足りず

  2020/11/19 

必要なものを知っている必要はない。 これは、これまでの人生で築き上げた独自の教訓です。 元来が心配性なために、最初にある程度のロードマップを作成しておきたい質なのですが、ある時 …

no image

偉そうな人間だと自覚しています

  2020/11/18 

伝えたいことほど伝わらない、ということがあります。 伝えたい人にほど伝わらない、ということがあります。 例えば、自分の母親に悪い生活習慣が見られ、それによって大病を患う危機性が …

no image

クローゼットで見つけた幸福

  2020/11/17 

小さな幸せを見つけました。 それはクローゼットの中にありました。 不要な洋服はすぐに捨ててしまうタチである自分のクローゼットには、”使う洋服”しか置いてありません。そのシーズン …

no image

起床時を重要視しています

  2020/11/16 

脱サラして3年半、死に物狂いで取りにいった公認会計士試験への挑戦から撤退することを告げた時、母はがっくりと肩を落として一言呟きました。 「もったいない・・」 よもや家系に先生が …

no image

この先にあることはもう分かっています

  2020/11/15 

誰かの道案内は必要ありません。 手ほどきを受ける必要もありません。 別に、わざわざ指し示されなくても分かっています。未だ視界に捉えられずとも知っています。既に見えています。 だ …

no image

第三波の存在を知りませんでした

  2020/11/14 

相変わらず外出時にはマスクを着用していますし、人とは一定の距離を保っています。 その行動に特段の意思表示はありません。道徳や倫理観などが頭にあるわけではなく、ただ、そうしていま …

no image

とても諦めの悪い人間です

  2020/11/13 

過去に大ボラを吹いたことがあります。 家族や同級生たち、そして教師勢にまで大口を叩き一人大阪に出てきた18歳。いざ現実を目の当たりにした青年の志は、わずか一夜にして真っ二つに折 …

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.