2020/10/04

三大欲求と承認欲求

 

この記事を書いている人 - WRITER -

テーマ:承認欲求について

 

僕は人に認められたい。

褒められたいし、凄いねと言われたい。

かけがえのない存在だと思われたいし、
他の人とは違う特別な人物だと言われたい。

だけど、そのための努力はしない。

相手に合わせることもしないし、
人に褒められるために行動は起こさない。

ただ自分は自分であり続ける。

妙に背伸びしたり自分を大きく見せる必要はない。

ありのままの等身大の自分。

大矢慎吾はこれ以上でもこれ以下でもない。

それで相手に認められないならば、
その相手とはご縁がなかったということだ。

そう、結局のところ、
どこまでいっても人は承認欲求を放棄できない。

この世界に自分以外の人間が存在する限り、
人間の承認欲求は消えはしないのだ。

認められたいならば認められたいと思っていればいい。

別に隠す必要なんてないし、
わざわざ人に言いふらす必要もない。

それはただ、心に存在していて、
食欲や睡眠欲や性欲と同じように、
これからも死ぬまで共に人生を生きていくのだ。

その気持ちを否定するからおかしくなる。

無理やり抑えようとするからより大きくなってくる。

他の3大欲求と同じように、
生活の中で適度に満たしていけばいいのだ。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.