2021/08/23

作家であることの信念

 

この記事を書いている人 - WRITER -

たまに発作的に放言が飛び出します。するときまって何人かの人が離れていき、なんであんなことを言ってしまったのだろう、と反省する。何十年もそんなことを続けています。

本来、作品を生み出す人間というのは、人間性を伏せていた方がいいのかもしれません。なぜなら人間性が、生み出した作品の邪魔になってしまうから。

作者の人間性によって作品の世界観が壊れてしまう。ハートフルな作品を生み出した作者がDV夫だったら、なんだかその作品が全部嘘に思えてしまう。

「うわっ、こんな人があれを書いてたんだ。なんか、幻滅しちゃったな」

麻薬で逮捕された歌手の作品が否定されるのと同じ理屈ですね。作品に罪はないといってもどうしてもそれを連想してしまう。なぜなら、その人によって、その作品が生まれたのだから。

 

 

もしも自分が小説家だったならば、ブログなど書いていなかっただろうと思います。己の考えや価値観、つまりは人間性を赤裸々に語ることはせず、ひたすら作品を生み出すことに専念していたはず。

そうでないのは、自分が「作家」だからです。

もしも自分の書きたいことを書けなくなったら、作家をやっている意味はありません。

いや、違う。

もしも自分の書きたいことを書かなくなったのなら、大矢慎吾という作家が存在している意味は、ない。

たとえ作品の世界観が壊れてしまったとしても、本の売れ行きが悪くなったとしても、己の人間性をごまかすようなことはしない。そう決めています。

 

それが、大矢慎吾という作家です。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2021 All Rights Reserved.