2020/10/22

僕も手放しました

 

この記事を書いている人 - WRITER -

昨年の9月から、
”毎月1冊出版”という事をやっている。

「期限を決めないと動かない」
「追い込まれないと本気が出ない」

過去の経験から自分がそうであることを知っているので、
出来るか・出来ないかのギリギリの目標を設定した。

正直言って、このノルマは相当キツイ。

平日は派遣社員として働きながらの執筆作業。

ちゃんと時間をとって原稿を書けるのは土日だけ。

一日でも休んでしまえばもう間に合わない。

体も頭も、全部のエネルギーをフル活用して
ようやくギリギリでクリアできるようなノルマだ。

 

 

今月はまだ原稿が仕上がっていない。

本当の締め切りは昨日だった。

だけどどうしても間に合わなかったのでもう手放した。

「ここまでやって無理だったんだ。仕方がない」

昨年9月から積み上げてきたこの成果も今月で終わり・・

自分の中で「1年は続ける!」と決めていたけど・・

まあ、全力を尽くしてやった結果だ。

受け入れよう。

 

 

するとついさっき、外注さんから連絡が入った。

「明日の9時までに依頼してもらえればなんとかなるかもしれません」

・・奇跡が起きた。

今日が本当に瀬戸際。

とりあえずやってみよう。

もう眠い。

体は悲鳴をあげてる。

でも、絶対に後悔だけはしたくない。

さて、どうなるか・・

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2020 All Rights Reserved.