2021/08/23

嫌いな人の本を買いました

 

この記事を書いている人 - WRITER -

昨日、ふと思い立ってある二人の著名人の本を買いました。両者とも一般的によく知られている人物です(ビジネス系)。

その二人のことは嫌いでした。でした、という過去形にとどまらず、今もけっこう嫌いです。嫌いの度合いはかなり薄まってはきましたが。つまりは好きでもない著者の本を買ったわけです。

 

 

自分には大きな弱点があります。それは、自己表現が苦手なことです。

他人の長所を見抜いたり、他人の良い部分を引き出すのは、けっこう得意な方だと思います。分析するのが得意なので。けれどもこと自分のことになると、てんでうまくできない。自分をどうやって表現したらいいのか、わからないのです。

こうして毎日、自分の思いをメッセージとして発信してはいますが、正直言って何の手応えも感じていません。文章は少しうまくなったけれど肝心の何かが足りない。その何かは”自分”という書き手の心にあることを僕は知っています。

自己表現が苦手な人には共感してもらえると思いますが、自分のような人間は、自己主張をすることもとても苦手です(とくに集団において)。

自分に自信がないわけではありません。むしろ勘違いなほど自己評価は高いし、根拠の無い自信に満ち溢れている。けれども、その自分の頭の中で考えていることを形にするのが、異常に苦手なのです。

一体、どうしてだろう?

作家を名乗って以来、そのことでずっと苦しんでいますが、きっとここに答えがあるはずだと感じました。それが冒頭の、嫌いな著者二人の本です。

この両者は、これでもかというほど、自分の考えをはっきりと主張しています。ブレる事なく、そして臆する事もなく。

それは自己中心的な人間性からくるものだと思っていましたが、最近、どうやらそれは思い違いかもしれない。と感じてきました。

彼らにできて自分にできないわけがない。これは才能とか知能の問題ではないはずだ。そう思って、二人の本を読み漁ろうと決意した次第です。

 

 

”新たな自分との出会いは真逆の方向からやってくる”

これは、自分の持論です。

嫌いなもの、嫌いな人、受け入れられない考え方、絶対に許せない価値観。

それらはすべて、新しい自分に生まれ変わるためのヒントである。と僕は思っています。

 

自分を変えてくれる可能性があるからこそ、嫌いだと感じる。

なぜなら、僕たちは変わることを心の底では拒否しているから。

自分の経験から、そのように思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2021 All Rights Reserved.