2021/08/23

悪へと向けられた

 

この記事を書いている人 - WRITER -

不幸な出来事その1「お漏らし」

学生の頃は明るいグループに属しながらも、
大人しい子や暗い子と二人きりで話す事が多かった。

他人の感情がうまく読み取れなかった僕は、
いつも相手の思いに共感を示す事ができなかった。

ところが、苦しんでいる相手の気持ちにだけは共感できた。

それは学生時代から大人になるまで、
もはや”癖”となっていた相手との対話による成果だと思う。

僕の対人関係に関する努力は、「苦しみ」だけに向けられた。

他人の気持ちに共感できない僕にとって、
それは人と分かり合うための唯一の糸口だと感じていた。

もう、そこだけに頼るしかなかったのだ。

自分の経験則になるけど、
何かに苦しんだり悩んだりしている人は、
誰かに話を聞いてもらいたいと願っている事が多い。

その人に友達がいないわけじゃない。

「暗い話ができる」友達がいないのだ。

前回も書いたように、
集団の会話は予定調和になっているので
妙な話をすると周りから怪訝な顔をされる。

とくに暗い話や「重い話」をすると、
周りの人たちからあからさまに冷たい目で見られる。

誰もが一度は経験した事があると思う。

まるでそれがタブーであるかのように、
そういう話題をだした途端、周りから冷ややかな視線を向けられた事が。

たまに口が滑ってしまった時には、
「なんか、暗くなってごめんね」
などと詫びをいれたらまだセーフらしい。

そういうフォローのできない人物は、
「お前って、しんどい奴だな」
などと苦笑いを浴びるハメになるのだ。

だからみんな、本当は悩んだり苦しんだりしているのに、
それを誰にも話す事ができないでいる。

そういう時に、僕のような「暗い話要員」は活躍できる。

僕はよく、落ち込んだり、悩んだりしている子の話を聞く事が多かった。

適切なアドバイスはできないけど、
僕はずっと相手の話を聞く事ができた。

相手からしても、僕は暗い話や重い話をしても唯一、嫌な顔をしない相手だったと思う。

そうやって自然と人の相談ばかり聞いて育ってきた。

だから僕は人とコミュニケーションを図るために、
苦しみという感情だけにフォーカスしてきたといえる。

本質的にイジメっ子である僕のサディスティックな本能は、
そうやって苦しんでいる子と話すうちに、
自然と「悪」の方に向けられていったのだった。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 売れっ子Kindle作家 大矢慎吾 , 2019 All Rights Reserved.